小竹向原トンネルロール

d0142660_14584292.jpg


昨夜はかつて江戸川区で働いていた時の院長、H先生、0先生(二人共20代、僕は副だった。今は二人とも浅草橋で患者さんを診ている)と同僚のA先生(これまた江戸川で一緒だったので全員旧知の仲というか・・・)と浅草橋駅前のぶたいちろうで会合。

僕以外は柔道整復師なので、話題の流れはもっぱら接骨・整骨院を取り巻く環境になります。

保険適用と柔道整復師の診れる対象症状については、現実に即していない未熟な制度であるし、保険で食べていけるというよりは制度のおかげでしばりをくらっているから自費治療でやりたいという本音をちらちらと見せてくるあたり、完全自費治療の僕にとっては驚異でもあります。

僕の整体術はH先生から教わったものがベース。
おかげで僕は鍼が怖いというイメージを持つ患者さんもその術を用いて治療できる機会を
得られたし、H先生のトコロはいつも患者さんが溢れています。

H先生は、構造医学にどっぷりはまり込み、フィールドをどんどん拡大して、これからどう
化けるか末恐ろしい存在です。

O先生は介護方面への意欲、A先生は柔道整復師としての基本を大事にゆったりとした治療を提供する展望を語り、それぞれ目の前の患者さんへの治療を最優先にしながら先の先を読もうと熱心でした。
こういった若い先生が突出してくることは、地域社会にとって非常に有用な存在としてありがたがられるでしょう。城東地区の皆さまは安泰です。(笑)


さて、例の如く話題はコロッと変わりますが、明日6月14日は副都心線開通です。

ふらんす菓子シュルプリースさんのご当地メニュー、「小竹向原トンネルロールケーキ
も東京メトロのパンフレットに掲載されたり、副都心線開通フェアに参加していることもあり、今まで以上の問合せが殺到しているようです。

僕もさきほど、取り置き予約をしておきました。定番のバニラです。
d0142660_145407.jpg

梅雨時の散歩がてら、後ほど取りに行ってきます。
(徒歩一分もかからないから散歩にもなりませんが)

冒頭の写真ですが、この時期小竹向原や千川周辺ではタチアオイが路地のあちこちで咲いています。この花が順番に咲いていって、てっぺんまで咲くと梅雨が終わるのだとか…。
うっとおしい梅雨空の下、一つ一つ咲いた花を愛でながら夏を待つ、日本人ならではの自然観でしょうかね。
皆さまの痛み・辛さが取れるまでの間、タチアオイの花が一つづつ咲いていくような治療を提供させて頂きます。
[PR]
by fuji69fes | 2008-06-13 15:12 | more about ...
<< 10年目のSR400 大粒の雨 >>