快適なランニングの為に

ランニングシューズ、新しいのにしないんですか?
と聞かれました。

今年はもう用意してます。

去年と同じルナグライド。

ルナフォームを使った新しいモデルも出てますが、去年のモデルは今年安売り
されていたコレで行きます。

靴紐も昨年通りxtenxに替えます。

足が細くて靴の中で遊びやすい僕の場合、中足骨あたりと足首に近い方とそれ
ぞれテンションを別にしたほうが具合がよいのです。

短いシューレースを片足に付き二本用意して結び目を二つ作る方法も良いので
すが、走ってる最中に解けたり、テンションがキツイなと感じたり(むくんできたり
しますから)したときに締め直すのも面倒ですから。

これだとチョイチョイって手直しできます。

これで、細くてかよわい僕の足も爪先のトラブル、マメを作るといったトラブルか
ら解放される、とはいきませんが少なく済みます。
10kmくらいのゆったり練習では必要もないのですけどハーフやフルとなるとダ
メージが出ちゃうので僕の周りでは皆さん、いろいろ工夫しているようです。

後はインソールをsuperfeetを入れ、靴下のフィッティングをしっかり選べば結構
快適なハズ。
superfeetは革靴やブーツにも使いますが、これ入れると仕事もバイクも釣りもラ
クなので手放せません。数々のインソールを使ってきましたが今のところBEST。
店頭で勧められた時はこんなペラペラで固いの良いわけないじゃないかと思った
のですが、よく考えられています。
足裏には縦のアーチ、横のアーチがあるのですがこれらのアーチが崩れていると足の
大きさも本来とは異なりますし、足が本来兼ね備えているクッション効果も薄れます。
僕も開帳足だったのですが、本来の足の骨格の位置を体に覚えさせ、無理なくランニ
ングを続けたことでだいぶ改善されました。
外反母趾気味の人にもオススメしたいインソールです。

手っ取り早く快適にという方はやはり靴ひもに着目してください。
靴ひもの結び方

オーバーラップ、アンダーラップ、左右や内外のテンションのかけ具合、その人の
癖に合わせて調節すると足のトラブルが減るだけでなく、重いと感じたクッショニ
ングモデルのシューズも軽く感じて走りやすくなったりするんですよ。
ある程度距離走ると足も浮腫んだり、締め付けがきつく感じたりするのですが緩い
と僕のように足がシューズの中で遊んでそれはそれでトラブルがでます。
トラクションがしっかりかからなかったり、膝や太もも、腰に負担を強いたり。

僕みたいにパワーもなく、記録もねらわない、ファンラン、健康増進目的の方にこ
そちょっとこだわって、工夫してもらいたい部分です。


難しく考えるとイヤになりますけど、気持良いフィット感を得られると目から鱗です。
膝の痛みや股関節、腰のトラブルも減る場合もありますので、ちょっとの手間と
気遣いで体が喜ぶ秘訣、ご相談ください。(あ、うちは物販はしてません。インソール
などは他で購入してください。うちで提供できるのは治療とアドバイスだけです。)
[PR]
by fuji69fes | 2010-11-18 00:00 | マラソン
<< 無力 pass it on >>