口の中が酸っぱい

※2010の記事ですが、とてもアクセスが多いので口が酸っぱい原因のいくつかを文頭に補記しておきます。

  口内が酸性に傾いている(味覚異常ではない)
 
  考えられることとして    
               ジュースや甘いモノの取り過ぎ(糖分は酸性です)
               唾液不足、歯周病などで口内の洗浄が不十分となっている。 

      そして、
              体が冷えている人が多いので歯茎の温度も低いのではないかと 
              考えてます。
              冷え性では無いですか?自覚のない方も多いのですが。

             
  対策として       
               食事の最初に酸っぱいモノを食べて唾液をしっかり出す。
               逆の気もしますが、唾液をしっかり出すと口内が清潔になり
               ますし、胃液膵液胆汁腸液もでますからとても大切です。
               良く咀嚼して食べる。これも唾液がしっかり分泌されます。
             
               歯周病になってしまっているともっと清潔な状態を保つ必要
               がありますので歯間ブラシなどでこまめに手入れしてあげる
               と良いでしょう。
                          
               冷えに関しては歯茎へのマッサージ、 そて鍼灸や他の療
               法でも良いですが血流改善で深部体温を上げることが大切
               です。

                                       2013 3月 補記
尚、医師に診て欲しいという方は 踊る歯科心身症ネットをご覧頂いて東京医科歯科大学歯学部附属病院歯科心身医療外来へ問い合わせてみてはいかがでしょうか。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::     



こころの病気を診ていると結構な割合で口の中が酸っぱいという方がいます。

味覚障害を疑い、病院で検査してもどうもハッキリしない、つまり「異常なし」と
言われて治療法が無いと鍼治療に来られる。

他に以下のような症状も持っている人もいます。

●いつもは気にならない日常の音(部屋の中でのTVや仕事場での同僚のおしゃ
べり、その他些細な音)が気になって仕方ない、うるさく感じる。

●何となく気分が塞ぎこむ

●ネガティブな考えばかり浮かび上がるし、思考能力が落ちる

●食事がまずい 他



唾液が少ない 血糖値が高い 甘いものばかり口にしがち など原因がわかれ
ば良いのですがね。

肝臓の機能がちょっと悪くて体内の亜鉛の排泄が過剰になり亜鉛不足になって
味覚がおかしくなってしまう場合(口の中が酸っぱい、口の中が苦い)もあり
ますし、検査で引っ掛かるわけではないのですが亜鉛をマメに摂るように(過
剰摂取はダメですよ)すると治ってしまう方がいます。


亜鉛というのは代謝にとても必要で、不足すると髪の毛、皮膚、爪などの細胞分
裂が活発な部分への影響が大きいですし、細胞分裂といえば生殖系(精子・卵巣)
への働きかけにも非常に影響します。
つまり、人間の根本的な生命活動に非常に大切なわけです。
鍼治療の際にアルコールで皮膚消毒をするのですが、真っ赤になる方がいます。
アルコール分解能力が低いのですね。お酒飲む飲まないは別にしてこれも亜鉛不
足によるもので改善していく場合もあります。

脳内にも亜鉛は多く存在し、記憶や精神の安定に関わっています。

爪が弱い
薄毛・抜け毛
傷の治りが悪くなった
肌荒れ・シミが・・・
男性機能に衰えを感じる
女子力が衰えた?


気になる方ちょっと亜鉛を摂取しようと気をつけてみてはどうでしょう?


口が酸っぱい他、上記の症状は当治療室で見立てたところでは7割くらいは脾虚
証、のこり3割くらいは肝虚証でした。
食生活改善と鍼治療を併用されて良くなった方は多くいらっしゃいますよ。

自律神経を整えて味覚も整えましょう。

ご相談受付中です。
by fuji69fes | 2010-10-10 20:42 | 治療室より
<< ネット上の情報の扱い 3連休ですね >>