失うだけ大きくなる性質のもの・・・

こちらが心待ちにすればするほど遠のいていることを実感せざるを得ない。

あの川はどうだろうか?

誰にも悟られぬよう、これ以上は無いほどの気を使っての優しいアプローチ
で土手を越え、一点をめがけての繊細なプレゼンテーション。
のはず…。
d0142660_2259287.jpg

レスポンスは無い。

そこで、想う。




愛とは、失えば失っただけ大きくなり、しかし、止めることのできない心から湧
き出る想い…
誰からも命令されたわけではなく、ただただ沸き起こる想い。
それが良いことなのか、正しいことなのか?

沸き起こる想いに従うことこそが良いことであり、正しいこと。

誰かに従い、自己犠牲のもと行う仕事の方が理解され、かつ楽な生き方だった
かもしれない。


自分の中に存在する、ある絶対的な「肯定」。
なぜそれが正しくて善いか、ということの説明がつかない。
他と比較することもできません。
似たようなものはあれど、それは似て非なるもの。

この想いに応えて欲しいな、でないと、どうにかなってしまうよ!
鯰ちゃん!


[PR]
by fuji69fes | 2010-04-15 22:59 | ナマズ釣り
<< フェアじゃない 艶やかさに欠ける夜 >>