さよならの挨拶を(どうでもよくなってきた)

仕事終わって川辺へ向かった。
相当疲れていたけど一尾釣れたら吹っ飛ぶだろうと期待しての釣行。

やっと春らしい陽気に恵まれ、釣れる気配ムンムンの水温む春。

川面は鯉の作る波紋があちこちに広がって活性は高いと踏んで釣り始める。

いつものようにマスジを結んで放り込む。数投してイヤな予感。
なにも起こらない。
小場所だからすぐに見限って次のポイントへ歩く。
ここもなにも起こらない。

いつものポイントだ。ナマズがいるなら何らかの兆しがあるはず。
しかし、先日より増えた散り桜の花びらばかりがルアーにくっつくだけ。

ルアーをトリプルインパクトに付け替える。なんだか上手くいかない。目がかす
んだようでアイにラインが通らずイライラする。
この2日、目が疲れてるので昨夜は治療をしたのだけど寝不足のせいか回復して
いないみたいだ。





新しいポイントが見つかったので土手から川辺に降りようと草村に足を踏み入れ
た途端に足元を見誤って前に倒れてしまった。予想より30cmは地面が下だった
ようだ。顔面まで草村に突っ込んでしまった。
口の中に草が入った。
幸いメガネだから眼は痛めずにすんだけど、もし所々にある太目の木の枝が上向
きにあったら…、腹部や胸部に突き刺さったら…、
そんな思いが湧き上がって青くなる。
夜釣りの落とし穴。ちょっと勘が鈍くなっているようだ。

怖い。

なんだかナマズは動いていないのかいないのか、疲れた体で遅くまで釣り歩いて
いるのが面倒だ。向こう岸の夜桜の下ではいちゃいちゃしてる影がある。
なんだかどうでも良くなってきた(笑)。

今夜の釣行はこれで止め!と思うも結局その後1時間はルアーを投げては川岸を
歩くことを続けたのだけど。


このところ心を占めている事柄に気を揉んでいる。春だから肝虚(熱証)タイプ
の僕はこうなるとひとたまりもない。
寝つきが悪くなり、体に熱が閉じこもる。気血は巡りが悪くなり滞って、手がぼ
やっとして力が入りにくくなったり、脚腰がひきつれるような感じがしたり。

だったら夜釣りなど控えれば良いものをと言われそうだけど歩き回ったり好きな
ことに没頭したりが結構解消になる。今日の釣行だって5kmは歩いたし。

衝動買いなんてしてしまうよりこうして釣りに出たほうが健全だと思っているか
らの釣行だったのだけど…ちょっとこの一件で浅はかだったかもと考え直した。

衰えとは思わないけど自分の中が上手く回ってないときは外の世界も回らないの
だ。
inとoutは対等なんだなと改めて実感。

こちらからHelloを言えない限り向こうもHelloとは言ってくれない。

先ずは自分を整えよう。
そしてHelloを言い続けていくのだ。

川面にHello!
ナマズにHello!
rock'n'rollにHello!

Malcolm Mclaren にだってHello!


[PR]
by fuji69fes | 2010-04-10 23:59 | ナマズ釣り
<< 艶やかさに欠ける夜 ウズベキスタンへ・・・ >>