<   2014年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

傷は被わずにさらすと治る

こころの傷とか、コンプレックス、上手くいかずに悩んでいること、いつまでもひっかかるモヤモヤ・・・

こんなイヤな気分を抱えたままではストレスフルなのに、それを抱えたまま仕事したり、人と会ったり、
勉強したり・・・うまくいくはずのことも上手くいかなくなりそうですよね。

このような傷は書きだしたり、つぶやいたり、人に聞いてもらったりと表に出してみると半分くらいは、
いや7割くらいはさほど気にしないでもいいのかもしれないって思えるようになったりします。

どうしようもない気持ちを晒すことでなぜがスッキリするものです。

治療時に「実は・・・こんなことがあって・・・」としゃべり始める方がいます。

これ、なんらかの変化が出てきてますからそんな患者さんの変化を僕は歓迎すべきものとして受け止めれるよう努めます。

たまに患者さんのなかには

「こんなことって私だけですよね」

なんていう人もいるものだから

「ぼくなんてこんな目にあっちゃってもう散々でしたよ」

と僕の話を聞いてもらったこともありますね(笑)

でも文句でもつらい思いでも「表に出す」ことでモヤモヤしたそれを「一度形にして眺める」ということが
出来るのです。見ないようにしようと目をつぶっていたものなのに表に出して見てみると

「あれ?大丈夫じゃない。なんでだろう?」

そんな気分になることも多いんですよ。

一人で挑戦してみると怖いって思うかもしれないので、治療の際にお話し聴かせてください。

横でサポートしますから。
[PR]
by fuji69fes | 2014-02-18 23:46 | 治療室より

2月の診療予約

一月往くとはよくいったものて
もう如月。

きさらぎ の由来は

旧暦二月でもまだ寒さが残っているので、衣(きぬ)を更に着る月であるから「衣更着(きさらぎ)」だとか。

他にもいくつかあって


   草木の芽が張り出す月であるから「草木張月(くさきはりづき)」 
   

   陽気が更に来る月であるから「気更来(きさらぎ)」

  など

 
春っぽいのは旧暦二月は今でいう3月ごろに当たるから。
d0142660_9213518.jpg

現代の二月は旧正月ですからまだ寒い。ようやく新春です。


さて、二月の治療予約ですが、1日はほぼ埋まってます。2日はまだ空きがあります。

その後の治療予約につきましては二週間後の2月18日以降となります。
お待たせしてしまいますが何卒ご了承ください。


18日以降も少しづつ予約が入り始めましたので治療ご希望の方はメールでご連絡ください。


電話番号からSMS(ショートメール)

Emailは fuji69fest@gmail.com または fuji69fest@ezweb.ne.jp

Twiitter、facebookでもOKです。 

[PR]
by fuji69fes | 2014-02-18 08:56 | 治療室より

リスクは取らない、回避する。

東京は大変な大雪だと…
そのせいで都知事選も低投票だと…

低気圧や冷えに弱い患者様を置いて馬国で毎日汗だくで水辺と屋台をほっつき歩いている事に多少後ろめたさはあるものの、楽しんでいます。家族旅行の煩わしさも含めて。


毎日最低3本は患者様から連絡、問い合わせをいただいてますがWIFI環境に身を置く時間がまちまちなのでレスポンス悪くてすみません。

今日は新浦安の患者様からご連絡頂きました。1年半振りくらいの方でした。
ちょっと身体の調子が思わしくないとのことで久々に治療をと…そうしたら、しんうらやす整骨院が閉鎖、移転したことをはじめて知り連絡を下さったと。
すみません。


向こうは雪で仕事がヒマ、こちらは暑くてフードコートで涼んでお互い時間があったので近況報告も兼ねてちょっと話し込んでしまいました。

しんうらやす整骨院を離れて自分の治療室一本にしたことに

「リスクを取ったねぇ」

と言われたので

「いやー、リスクを外したんですよ」

と答えておきました。



あのままだと大変な事に巻き込まれっぱなしだったはず。

「でもあの若い先生、移転先でも働いているじゃない」

…そうですね。

サラリーマン辞めてこの世界に入ったので同じような目で見られるけど「自分らしさを通す」のと「今の組織では失敗しないように立ち回る」のはかなり違うんですよ。
彼はサラリーマンがあってます。
僕は組織には恵まれなかった。
他を探せば見つかるかもしれませんがあまり時間も無いので自分のやりたい治療をやれる環境を自分で作ることにしました。
一年間かけてまずまずじゃないかなと思えてきました。



勝ちとか負けとかなんなんでしょう?

自分らしさ、
で飯食えてこの数年繋がれて実行したくとも出来なかった旅行を実現することができ、戻れば患者様が待っていて頂ける。

いろいろありますが自分で考えて行動していきたいと思います。リスクはできるだけ回避して、覚悟はする必要がありますね。



現実的判断とやらで投票したとか言っている方々もいらっしゃるでしょうが、自分の住みたい世界から遠ざかって無ければ良いのですが。

しんうらやす整骨院と原発というリスクにはNOでした。

d0142660_2320838.jpg

TWGでハイティーを楽しむ義母さん、なんとかなっちゃう良い見本です。
[PR]
by fuji69fes | 2014-02-10 19:00

馬国

d0142660_1023249.jpg
十数年ぶりにマレーシアに来ています。

多民族が暮らすこの国は異質なものを認め合う事が豊かな成長、進化だということを改めて教えてくれる。

またそれが難しい事では無いとも教えてくれる。

異質なものを受容すること、今回の旅のテーマにしてます。







[PR]
by fuji69fes | 2014-02-09 22:44 | more about ...

お勧めの実践法 

こんにちは。藤井はりきゅう整体治療室です。

はりきゅう治療、整体治療を業としているとですね

体の不調の原因がこころにあるのかな?

とか

酷い肩こりなんですけどストレスだと思うんです

なんていうふうに患者様から相談?されることがあります。

当治療院はこころの問題も診ますよ(こころとからだは区別しないのが東洋医学ですから)と
常日頃から言っているので他の鍼灸院や整体院より割合が多いのかもしれませんが、結構
な割合で「実は・・・」と切り出されたりします。(治療時間長めがデフォルトなので大歓迎)

で心理学的な話とかするんですけど、東洋医学も心理学も時には仏教とかも含め、専門用語
って小難しくてめんどくさいじゃないですか。

患者様にしてみれば東洋医学のうんたらかんたらはどーでもいいから早く楽になりたいの・・・
という方も少なくないですし、こころの問題にしても「どうしたら私はイライラから逃れられるの?」
「訳も無く悲しくてもう嫌なんだけど・・・」「なんで家族と上手くいかないんだろう」とにかく皆さん
切羽詰まってますからね。

僕自身、人間関係、仕事、家族いろいろ上手くいかないときもあってイライラしがちでしたし、
いまだってうまくコントロールしきれない「やな感じ」が湧きあがってどうしようも無い気分にハマり
そうになったりします。

で、いろんな本を読み漁ったり、講習会や研修参加などしてきました。
専門用語とか様々な説、技術など理解を深めるのはとても為になる気分だったのですが
これを患者様に伝えたり、実践してもらえるようにレクチャーするのに苦労もしました。

そんな時ふとテレビで目にしたこの方の手法、「面白い!」と思って早速本屋に行って数冊買い求
めました。(読む時間を作るためにバイクを止めて電車で移動しましたよ。)

その中の一冊がこれです。
d0142660_71205.jpg


心屋仁之助の今ある「悩み」をズバリ解決します!
不安・イライラがなくなる本 (王様文庫)

内容は今まで世に出回っている心理学やカウンセリング、はたまたスピリチュアル系や僕の好きな
TAO的なことと変わらないのですが、そんなあーたらこーたらは書いてない。
シンプルに、だまされたと思って「これやってみて」「こうつぶやいてみて」
という実践の書。
それでこころが軽くなるんだから理由なんてとりあえずはどうでもよいですよね。

お勧めです。
[PR]
by fuji69fes | 2014-02-04 06:37 | 治療室より

HPのご案内

患者様のご厚意によりホームページができてきました。
下地を作っていただけたので勉強してよりよい情報発信に努めようと思います。

個人的には問い合わせフォームができたのがとっても便利だと思います。
お時間ある方はちょっと覗いてみてください。

藤井はりきゅう整体治療室
[PR]
by fuji69fes | 2014-02-03 15:45 | 治療室より