<   2013年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

春なんですね

寒の戻り、ずいぶんと冷える日でした。
今日で3月も終わりです。

春は肝の気が盛んに動き回るせいか、ちょっとはしゃいだり、忙しくし過ぎて肩や腰を痛めた方が来られたり。

一方で立春過ぎたあたりから今まで頻繁に治療に通っていらした方々のなかに「そろそろ治療を終わりにしてもいいですか」との声も聞こえてきてました。

だいぶ自分の体調に自信が出て来たのでしょう。春の肝の気のやる気も手伝ってか「そろそろ治療に頼ることもないかも…」
 

患者さんの中にそんな自立心が芽生えるのも春のこの時期。

たいていの場合、治療間隔を開けたり、次回の予約をあえて取らず、不安や疑問があればメールなどで問い合わせて頂く事にして先ずは患者さんの自立心優先としています。

ただ、春なので妙に気分が高まって自分でなんとかしなければと意気込んでこちらにしてみると「不安だなぁ」と思う方もチラホラ。でも先ずは本人の行動が大切です。

まあ大抵の方はそのまま卒業されますし、調子が少し悪くなれば早めに問い合わせてくるのであんまり引き止めるような事は言いません。


また予防や体調管理として定期的に治療を継続する方も少なくないのが鍼灸治療の良いところですね。薬などの副作用無く自分の治癒力を高めておけるのですから。


良くなって頂くのも健康を維持して頂くのも治療家の仕事。

今日もお一人、4月からの予約は無しで送り出しました。
四年程毎週のようにお越し頂いた男性で、この2ヶ月程彼の中に今までとは違う変化が見えたのであえて言葉でツンツンとつつかせて頂いたのですが鍼治療と相まってかなり響いたようです。このところ生活習慣の改善に取り組み睡眠の質もよくなったとの事ですからご自分で答えを出す環境が整ってきたと思います。
(患者様のことなのであまり具体的には書けません)

以前よりすっきりとした面持ちで切り出されたご決断ですので快く送り出すことにしました。

もし次回治療にいらっしゃるとしてもおそらくは異なる症状で長引かない症状だと思います。

少し寂しくなりますが、明日から4月。
新しい患者さんも受け入れる気持ちを高めて新年度スタートしたいと思います。
[PR]
by fuji69fes | 2013-03-31 18:05 | 治療室より

お知らせ4月の休診日

d0142660_82547.png

7日 14日はイベントのため夕方からの診療となります。
火曜日は休診 金曜日は往診となっております。
[PR]
by fuji69fes | 2013-03-26 08:06 | 治療室より

虚を補い 実を瀉す 

春分ですね。
この10日ほど花粉や埃で体調がイマイチでしたので走ったりすることが出来ず体が錆びついてしまったような気がします。
区の体育館など使って体を動かせば良いのでしょうけど、なかなか開館時間中に行くことが難しくて…そんな言い訳しながらこの4月はマラソン大会もキャンセルかな…なんて思ってます。
ちょっと怠け過ぎました。

さて、虚を補い 実を寫す と題に記しました。

これは鍼灸治療で僕が重要視している治療原則についての話ですが、僕の場合、難経六十九難や七十五難がその原則にあたります。(流派がいろいろありますから他の鍼灸師の先生もこれに当てはまるわけではありません)


もっと簡単にいうと「虚を補う」ということになります。



虚(正気の足りない状態)を補う

これは足りないから手に入れる、填補する、というふうだけ捉えてはいけないのですね。
補う量が行き過ぎてもいけない。

ちょうど良いところまで補充できれば良いのです。過ぎないこと。


対比する言葉として、

実(有り余る気)を瀉す

というのもまた治療原則ですからリッチ、パワーがあることをなんでも良しとしているわけではないのです。行き過ぎているとこれもまた病なのだとしています。足りていれば良しとする。



実は治療においては虚を補い、正気を超えてしまうほどになることはまずないし、正気を超えてる実というのも虚を補うと実が平坦になり霧消することが多いので瀉すこともあまり無いのです。
これは鍼灸治療を続けてきて「へえ~っ、東洋的だなあ」って実感している事です。

虚を補い、実を瀉す、を治療原則としてまずは虚を探し、補う治療をする。

虚を補う、すると実を瀉すことなく霧消することが多い。

つまり、虚を補えば良いだけのことが多い。



私たちの生活を振り返ると「ちょうど良い」を過ぎてしまっているものも多いですね。
考え過ぎ、食べ過ぎ、寝過ぎ、仕事し過ぎ、飲み過ぎ、買い物し過ぎ、遊び過ぎ…キリが無いですね。


でも、「虚を補う」と「過ぎてしまう」こともあまり無いのではないかとも思います。

おそらく「何かが足りない」つまり虚であるから考え過ぎたり、食べ過ぎたり、寝過ぎたり、仕事し過ぎたり、飲み過ぎたり、お金使い過ぎたり、ちょっと怒り過ぎたり、…

「足りない何か」ってなんでしょう?

皆さんそれぞれ思い当たる節もあるでしょうね。


でも、どれを補えば良いか見当がつかない。

陰陽五行説に当てはめると優先順位がわかるかも知れませんね。御相談受け付けてます。



これは東洋医学というより東洋思想なのですけど、「正」の状態とは小さ過ぎても大き過ぎてもよろしくない。(正の字って五画ですね、五行のバランスが取れている状態を表してるのだと思います)


そして、突出した尖ったものより「まあるい」がよろしい。

「ちょうど良い」という、森羅万象のバランス、ハーモニーが大切。


飛躍するように思うかもしれませんんが、人間だけが…では無い、森羅万象のちょうど良いバランスです。

   足るを知る
   
   過ぎたるは及ばざるがごとし


何と比べているのか、足りない足りないと嘆いたり、

他人からこのくらいのパワーをつけろと強要されたり、

とかくこの世はいろいろありますが、自分に、隣人に、環境に、いろんなものにとって「ちょうど良い」ってなんだろう?と探してみる春にしたいですね。

d0142660_1155772.jpg

陰陽魚大極図



[PR]
by fuji69fes | 2013-03-20 06:19 | 治療室より

副都心線

d0142660_23224213.jpg


副都心線開通の年にこの街へ越してきて看板も無くこじんまりと皆さまのお身体とこころのケアをさせていただいて五年が過ぎました。

今日は副都心線が東横線と相互乗り入れする日です。

ちょっとだけキャンペーンらしきものでもしたいなと思い、今日から三月いっぱいは電車ご利用でいらっしゃる方の治療費を10%OFFにします。
(自己申告制ですから治療時にお伝えくださいね)
[PR]
by fuji69fes | 2013-03-16 06:16 | 治療室より

施術メニューのご案内

施術メニューのご案内
        
初診料                                2000円

鍼灸治療                               5000円

肩こり 腰痛 膝の痛み 四十肩 ヘルニア しびれ 坐骨神経痛 不眠 疲労
ストレスケア 胃下垂 消化不良 便秘など内蔵の不調 肌のトラブル 外反母趾
スポーツでのケガ コンディショニング メンタルヘルス etc
定期的にケアしていくことで今よりも健やかな体へ。
当治療室の基本メニューです。
 
 
鍼灸治療と整体                           7000円

鍼灸治療と整体の組み合わせ。
体のコリや歪みを脳に伝え、ストレッチ・アジャスト・手技で矯正します。
深い場所のコリや冷えには鍼灸でアプローチ。
こわばった体のしなやかさを取り戻し、明日へのエネルギーを補充します。
週末のメンテナンスに一番人気のメニューです。
      
ショートリラックス整体(30分)                  2500円

時間のない方にオススメのショート整体。ちょっと肩こりや腰の重さが気になるけど
忙しくて・・・そんな時、ちょっとでもケアするとしないでは大違いです。
次の鍼治療や整体治療へのつなぎとしてもオススメ。
家事・育児合間の一息にピッタリ 平日夕方までの限定 お気軽メニューです。

美容鍼灸コース                           7000円

鍼灸治療(全身調整)でカラダ全体(手足から内蔵まで)を整え、頭皮やお顔のツボ
に鍼灸でやさしく刺激を与えます。
お肌にハリツヤを与へ、ターンオーバーを活性化します。表情筋がほぐれナチュラル
で素敵な笑顔に。
さらに顔や頭皮のつばへの施術はストレスケア効果もUPするのでぐっすり眠れて活
力が出てきます。

患者様からの要望で2011年から始めた裏メニュー的存在でしたが今ではリピートの
多い人気メニューです。

       





所要時間 
       鍼灸治療           40~60分位
       鍼灸+整体治療        70~90分位
       美容鍼灸             90分位

       ※ 施術内容・症状によって異なります。

     
[PR]
by fuji69fes | 2013-03-15 23:26 | 治療室より

工具をメンテナンス

d0142660_15391932.jpg

d0142660_15394587.jpg

このところの強風と雨でバイク用の工具の汚れ、水分の付着がピークになったと感じて今日は工具を洗って汚れやサビを落としました。

バイクに乗り始めたのが23歳くらいだから20年くらい使っているのがTONEとKTC。
当時働いていたLOFTで工具のコーナーも手伝っていたから高い工具も知っていたけどとても手が出る値段ではなかった。KTCは当時セール品を社員割引で購入した。

インチサイズは車載工具(Ko-ken)と個別に買ったKoーkenと一部SnapOn。
ほとんどSRとXL1200Sに積んだままなのでガレージの無い今の生活ではナイロンのツールバッグに入ってはいるものの雨ざらし、湿気がたまる環境。

今日は中性洗剤で洗って、シリコンオイルを塗布。
TONEはまったく壊れない。
コンビネーションレンチなんかKTCより短めに造ってあるのはオーバートルク防止なんだろうか?

Ko-kenも問題無く使える。
Snap-Onが錆びやすいと感じるのだけどアメリカ製だから?

適当乱暴に使っているけどバイクより長持ちしそう。
[PR]
by fuji69fes | 2013-03-14 15:39 | sunnyside up

今日はこの二曲




[PR]
by fuji69fes | 2013-03-11 12:46 | 音楽

春、やる気、肝の気、気になる気。

通勤時間が短くなった、この恩恵はとても大きくて思考に充てる時間も増えたし、患者さんを診る時間にも余裕が出たから患者さんの時間が許せば治療に充てる時間も増えた。

余裕が出たからやり残していたことにも着手し始めて、生活が少しづつ片付いてきた。

2月はムーンのベースのネック調整、ヘッド起きを修理した。

SR400のエンジンオイルも交換した。フィルターは見送り。

スポーツスターはタイヤ交換はショップに頼んだけど、エンジンオイルを
先週交換し、ブレーキキャリパーの清掃とエアクリの清掃を終えた。

スローダウン時にカチャカチャ音を立てるようになっていたプライマリーチェーンは一昨日調整。(ちょっと緩めに調整したけどまだ緩すぎなので近日中に再調整、この緩さ加減が難しい)

4月迄には
ドライブベルト交換とスイングアームのベアリング、

リアサス取付部のグリスアップ、

リアキャリパーオーバーホール、

ステアリングステムのグリスアップ調整、

ブレーキマスターシリンダーのオーバーホール、

できたらフロントフォークのアウターケースの腐食除去にも着手したい。

来週には北川商会、ガッツクローム他から消耗品が届く予定。

SR400の方は一昨日スイングアームピボット、ステムベアリングのグリスアップ調整とフロントドラムパネル内の清掃を終えた。

d0142660_938139.jpg



d0142660_9384325.jpg


フロントフォークアウターケースの腐食はシャイネックスで削り始めた。
d0142660_9391450.jpg



d0142660_949286.jpg


少しずつ番手を上げてゆっくり仕上げたい。

春の陽気も手伝ってやる気まんまんな日々。

ただ花粉?PM2.5?
ぼーっとしてるせいか判断力も鈍ったようで…まず折るはずの無いボルトを折ってしまった。
折れたスタッドボルトのレスキューはダブルナットをかける長さが残らなかったので純正部品調達と共に近くのYSPさんに持ち込んでお願いした。



d0142660_9393053.jpg



スタッドボルト一本綺麗です。


大した利益にならない仕事、珍客を快く引き受けて頂き深謝。


自分でバイクのメンテナンスをやるようになったのは信頼出来ると思ったショップに裏切られたり、良いショップが遠くに越したり、バイク屋さんが仕事の質を高めお客を絞った時期にこちらのタイミングが合わす引き受けてもらえなくなったり、いろいろあるけど自分で出来るようになりたかった。そういう気持ちが大きいんだろうな。

納得行く整備を受けたいけどまる投げで良いのか?疑問が残る


d0142660_1329265.jpg

現在このくらいまで磨き終えました。(ドラムのほうが汚い)
後はTT250レイドのステムベアリング、サスリンク、のグリスアップ。エンジンオイル交換、ワイヤー給油、ブレーキフルード交換も林道巡までに済ませないと。
[PR]
by fuji69fes | 2013-03-08 19:00 | スポ&SR400(bike)

春一番、もうすぐ啓蟄。

藤井はりきゅう整体治療室の藤井です。
d0142660_23273146.jpg気候がなんとなく春めいてきたようでそわそわします。僕だけでしょうか?
春一番も吹いたようです。

もう少しで「啓蟄 (けいちつ)」。今年は3月5日のようです。

啓蟄というのは二十四節季に定められている日で、春の気配を感じて冬眠していた虫が地中から出てくる…そんな日です。
冬眠している蛙も出てきます。(蛙って字は虫というヘンがついてるのは諸説あります。)


東洋医学の考え方で陰陽五行説というのがありますが、啓蟄は季節が陰から陽へ移り変わる日です。


二十四節季というのは・・・
太陽が最も高くなる「夏至」、低くなる「冬至」、それぞれの間の「春分」「秋分」を基準として一年を24等分し、季節を表現したのが「二十四節気(にじゅうしせっき)」

この時期なら「立春」「雨水」「啓蟄」など15日くらいに一度、名づけられています。
さらに細かく5日おきごとに自然の変化をあらわしたのが「七十二候(ななじゅうにこう)」。

二十四節気と七十二候があわさって「気候」という言葉が現在使われていますね。

この時期の七十二候は3月6日~10日ころ:蟄虫啓戸(すごもりむしとをひらく)3月11日~15日ころ:桃始笑(ももはじめてさく)3月16日~20日ころ:菜虫化蝶(なむしちょうとなる)という具合。

ヒトのカラダもこの気候の移り変わりとともに春のカラダへ変わっていく時期です。そんな変化も影響してか体調が少し乱れてしまう場合もある時期です。養生くださいね。

こんな自然と連動した生活、都市生活者の僕には全然無縁...なんてことはないですよ。

そろそろ東京多摩川でナマズが活発に餌取りする時期、僕はこれから釣りをしながら川辺に立つのが楽しみです。菜の花やいろんな花が咲いてたりして。

皆さまも自然を感じつつ春を楽しく過ごしてください。     
[PR]
by fuji69fes | 2013-03-01 23:25 | 治療室より