<   2012年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

血液検査

鍼灸師という仕事柄、気をつけていることがあります。
ひとつには手を大切にすること。

バイクに乗ったり魚釣りを楽しんだりする僕ですが、手にダメージを与えぬようにバイク用、釣り用、機械いじり用など手袋を多用します。

万一の時手袋をしていたら防げたのにと後悔してからでは遅いですから。

もうひとつ、それは感染症です。

患者様の入れ替え毎に手洗い、うがい、消毒、換気など、そしてインフルエンザなどに対して加湿器やどれだけ効果あるかはわかりませんがエアコンはプラズマクラスター付。

もちろん鍼道具はディスポーザブル、もしくは滅菌された患者様にお求め戴いた専用鍼。

術者である僕の手は患者様の肌へ触れますし、抜いた鍼には患者様の体液や血液が着く事もありますので自分の指先などに傷を作らぬよう、また皮膚病にならぬよう気をつけてます。それでも希に抜いた鍼先が指先などに刺さることがあります。

なので血液検査を年に一回課してます。

d0142660_1422132.jpg

今年も検査結果が出てましたので本日クリニックへ行ってきました。

肝炎、HIV共に陰性でした。

自分の身を守れている証であり、患者様に安心を提供する証でもあります。
[PR]
by fuji69fes | 2012-10-22 14:04 | 治療室より

アジア御飯

シンガポールで美味しい食事。

http://blog.livedoor.jp/shiki_chin/lite/archives/51765543.html

触発されて昨夜はタイ料理。

今日は成城石井のラクサの予定。
[PR]
by fuji69fes | 2012-10-17 08:08 | more about ...

雨の日10パーセントOFF

三連休中日、あいにくの肌寒い雨です。

午後には止むと思いますがキャンセルも出ましたのでこれからご予約戴いた方は本日雨の日キャンペーン10パーセントOFFとします。(もしくは整体30分分サービス)
[PR]
by fuji69fes | 2012-10-07 10:53 | 治療室より

10月の休診予定

誠に勝手ながら

10月14日(日)午後
10月15日(月)全日

10月28日(日)午前

はお休みとなります。

藤井はりきゅう治療室は

日曜日、月曜日、木曜日と祝日のみ診療しております。
[PR]
by fuji69fes | 2012-10-06 12:59 | 治療室より

急遽決めました。ウツでお悩みの方たちへ。

10月に入りこれから秋冬と気分がイマイチになる方の増える季節です。

うつ病と診断され、休職中の方、離職中の方、からだが辛いのに経済的に厳しく
て鍼灸治療を受けてみたいのに受けれない方が多いのですが、治療機会を作って
いただけないと僕としてもどうしようもない。

今でも効果を実感していただいたにも関わらず経済的な理由で治療を継続できな
くなってしまった患者さんたちがいました。
ケースバイケースで対応させていただいていましたが体調が優れなくなってしま
う寒い時期などはいつも以上に億劫になってしまうのがウツ方には多く、そうな
ると治療へのモチベーションが落ちやすい…。


僕自身、習い事を継続したくても天気や眠気で継続できなくなったことが多い方
ですからどうにか皆さんにもう少し治療を受けていただけるようにするには…と
思い悩んでいました。

でも悩んでいても仕方ないので今から始めます。


本日より年内いっぱい、そういったウツで苦しんでいるけれど当治療室にいらして
ない患者さまにむけて応援キャンペーンを行います。

初診料2000円→OFF!

鍼灸治療&お話・相談相手5000円→3500円でどうでしょう。
比較的木曜日が空いてますが、予約優先ですので曜日は問いません。

対象となる条件があります。

当治療室を利用されたことのない方、もしくはこの半年以上治療にいらっしゃって
ない方。

現在ウツと診断されている。お仕事を休んでいる。仕事ができない。
(自営・主婦業他含みます)

症状としては肩こり、不眠、食欲不振がある。

もしくはこれら上記に準じていると私が判断する場合。
(例えば学生さんでお金が無い、仕事には頑張って行けているが治療費を払い続ける
余裕は無い、など)

そして、今より調子よくしたいと願っていて週1ペースくらいで3ヶ月以上継続して
体調回復へむけて治療を受けてみようと取り組める方。



※他の病気を併発している場合やこちらでの治療が適切でないと判断した場合は治療
を中止いたしますのでご了承願います。


うつ、自律神経失調、ノイローゼ、その他メンタルの不調を鍼灸治療で快方へ導くお
手伝いをさせてください。

                           
                              藤井はりきゅう治療室
[PR]
by fuji69fes | 2012-10-04 14:46 | 治療室より

リンク追加

心療整形外科様のブログをリンク(お気に入り)に追加しました。

この世界に入ってなぜ不要なオペがまかり通るのかとても悲しく思っていたのですが
こういったドクターがいてくれることは非常に力強く感じます。
[PR]
by fuji69fes | 2012-10-03 22:05 | 治療室より

寝違え

少し涼しくなって夕方から朝にかけては肌寒いときもあるほどです。

でも、電車やオフィスはクーラーかかってますね。
昼間は結構暑いですしね。

で、増えてきているのが寝違え。

痛いなあというときは痛む部分は冷やしておきましょう。
温めた方が良い場合もありますが、それはお風呂に浸かったときに。

自分でできるのは指、腕、首の前、胸周りのマッサージ、ストレッチです。

痛む部分にはあまり手を触れず、しかるべき治療を受けてください。
(鍼灸、マッサージ、治療目的の整体、など)

予防としては汗はこまめにふき取り、カラダ(時に首肩)を冷やさない、夜は
湯船に浸かって体を温める。

軽い運動をしたり、ストレッチをしてから夜お休みになると良いかと思います。
[PR]
by fuji69fes | 2012-10-03 10:03 | 治療室より

指が腫れる

指がパンパンに腫れる、

思うように力が入らない、

関節が膨らんでこわばる、痛む…

そんな症状の方が鍼灸で治るかしら?と問い合わせてくることがしばしばあります。

原因はいろいろ。

リウマチだったり、へバーデン結節だったり、首肩腕症候群だったり、他にも病名が
つくものから名前のつかないものまで。

鍼灸治療や整体というのは、症状のある部分だけを診るだけではなく、患者さまの体
全体のバランスを見極めて、その症状を引き起こした原因に働きかけてバランスを整
えていく治療です。

ですので、お任せください。

きっとお力になれると思います。

お腹の調子がイマイチな感じの方、いつも何かしてないと落ち着かないタイプの方、
忙しくて不安定な方、などに比較的多くみられる症状ですのでそれらの症状と併せて
治療させていただいてます。


が、指の関節や腫れ浮腫みには比較的簡単なアプローチで楽になることがありますので
一つ二つ紹介しておきます。


ひとつめ、指のツボに糸状灸といって文字通り糸のように細く紙縒ったお灸をします。
ちょっと熱いですが、文字通り糸を燃やした程度なので熱いと感じるのはほんの一瞬。
その後はスッキリするという方が多く好評です。
ご自宅で出来るようにかんたんな方法を指導させていただいてます。
d0142660_22133159.jpg

写真は既に糸状になっている韓流の糸もぐさ。


ふたつめ、ローラー鍼。
d0142660_2214286.jpg
 

これを浮腫みのある場所や関連する部分のお肌の上をコロコロ
と転がすだけ。浮腫みでパンパンになっている状態がスーッと引いていきますから体調
が変化するまでの間、治療を継続しつつご自宅でもご自分でやっていただいてます。

その他、ご自分でできるかんたんストレッチを症状・部位に併せて指導させていただい
てます。
[PR]
by fuji69fes | 2012-10-02 10:02 | 治療室より

理解者

10月1日です。
昨日は明鍼会の精神疾患(特にうつ症状や神経症)に対する鍼灸治療の
講習に出席してきました。
岡田明三先生の精神科で扱われる症状への東洋医学からのアプローチ
方法、姿勢はかれこれ10年近くことあるごとに拝聴してますが東洋医学の
根っこはブレず、それでいて毎年、毎回新しい話が出てくる。
ブラッシュアップを怠らないのか、アンテナの張り方がすごいのか・・・

とにかくいつも新しいことを勉強させていただいてます。
今年も夏が終わり、うつの症状が辛くなってくる季節に入ってます。
気を引き締めて皆さんの治療に当たりたいと思います。


唐突ですが、皆さんに理解者はいますか?

きっと、いますよね。

そして、誰かの理解者になっていますか?

きっとなられていることと思います。

僕も誰かの理解者でありたいと常々願っています。

特に患者さん達の理解者でありたいと。

そして、下品なことに人から理解されたがっています。

「僕ってこういう人なんですよ、わかってくださいね」と。

患者さんたちの症状について、そして患者さんへの理解を深める。
僕の施術によって患者さん達のココロとカラダが楽になる。
結果、僕の考えと技術を支持していただける。

それが「僕が患者さんから理解される」ということ。

僕はそれを喜びにしてます。

患者さんによくなってもらって、

その上で、できれば・・・さしつかえなければ僕を認めて頂きたい。


ありがたく支持していただいている一方で、どうしても力足らず患者さんにそっぽ
向かれたりしました。

助けきれなかった方もいました。
悲しく、辛い思いをしました。

助けられなくて悲しくて悔しくて仕事辞めようかと悩んだりもしました。

僕の理解が足りなかったのか・・・僕を理解してもらえなかったのか?
思い出しては悩む日々です。


でも、僕がこの道に入ろうと思っていたむか~し、「むいてるんじゃないかなあ」
とヒトコト言ってくれた当時の僕の理解者のことばを思い出してこの道にしがみ
ついてます。

キツイな~ってとき、「かつての理解者」の存在を思い出しては皆さんのココロと
カラダに元気を与えることを業として日々精進してます。

皆さんの人生の日々のホンの一部でしかないかもしれませんが、辛い思いをし
ている患者さんの理解者でありたいと思うのです。
ゆくゆくは忘れられてもいいかもしれません。でもまたちょっと辛くなったとき、時
々思い出してもらえうような「かつての理解者」みたいになりたいなと思います。


昨夜は嵐でしたが皆さんお体の調子はいかがでしょう?

続く・・・
[PR]
by fuji69fes | 2012-10-01 10:01 | 治療室より