<   2011年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧

ラクして走る

骨折治療中の右足の小指、痛みのピークは過ぎたようだが、それでも歩く程度で違和感はあるし、時に強く痛みを感じる。

テーピングのパターンを変えてあれこれと試し、インソールをアーチサポート機能の高いものに変え、走る練習をしたが走り方(フォーム、スピード)を変えざるを得なかったので体の他の部分に負担を感じる。


痛みを伴わない変革はないのだな、と納得。
でも、ラクして走るために理にかなった方法を考え、ラクできるためのギアは試してみるのがまた楽しみ。


テーピングは小指側より僅かに外反母趾気味の親指と足底のアーチを意識したテーピングパターンが足運びをニュートラルなものにしてくれて小指側を保護してくれてるようだ。

脚力の弱さから後半ぐらつく足首を保護しようと画策中。


少しでも傷を修復しようとアイシングと鍼、灸、酸素チャージあと4日続けて那覇入り。


練習量の圧倒的な少なさ、足の痛み、これらをカバーしてどこまでラクに走れるか、今回もいろいろ考えさせられるなぁ。
[PR]
by fuji69fes | 2011-11-29 08:33 | マラソン

九州繋がりで・・・いや、世界繋がりで。

年内でHPが閉じるらしいが、時折興味深く拝見している。
藤原新也氏のページ、一読されたし。
http://www.fujiwarashinya.com/talk/index.php
2011/11/14(Mon) 僕の馬鹿な頭の中の記憶を辿る、それが正しければ5チャンネルの報道番組で報じられていた人をたたえるキャスター、ヒーローがいると感じた。今日まで忘れていたけどさ。
[PR]
by fuji69fes | 2011-11-28 12:35 | more about ...

顎関節症

過去、喉や口の病気について書きましたが、相談の多いのが顎関節症です。
症状の名前は知らなくても「顎が痛いんです」「ほっぺがこわばるんです」という相談は
多いです。痛みの原因は顔面神経痛の場合もありますし、ヘルペスの場合もあります。
偏頭痛の続きでほっぺや顎といった顔面の片側に痛み、違和感を訴える方もいます。

お話を伺うと明らかにストレスと関係しているケースもあります。


どれか解らなくてもこちらで診ますからお越しいただいて相談いただければ良いのですが、
顎関節症という題ではじめてしまったので顎関節症について。

顎の関節がガクっと鳴る、大きく口を開けると痛い、
そんな症状のことです。
噛み合わせが悪い、歯ぎしりをする人にもよく見受けられますので歯科系の大学病院など
で診てもらった患者さんもいます。

顎関節症外来のドクターは頚椎の1番2番の歪みととらえてカイロ的なアプローチを行っ
ている方がいらっしゃいますが、ツボとして天柱・風池というツボが古来より頚部への治
療穴として用いられているので良く理解できます。
噛みあわせだけではどうにもならずに辿りついたのでしょうか。
首肩のコリがほぐれるとアゴの痛みが楽になったり、口が開くようになる方は多いです。

もちろん、全身を調整してあげたほうが自律神経へのアプローチとしては有効なはずです
が、時間との戦いの医療の現場ではなかなかそれも許されないのでしょう。

整体・鍼灸・マッサージなどで良くなる方が多くいらっしゃいますからお困りの方は選択
肢の一つとして考えてみてはいかがでしょう?
[PR]
by fuji69fes | 2011-11-28 11:59 | 治療室より

石橋凌 再び

10kmの調整RUNを終えてクールダウン、なんだか駄目だなあ~と
中杉通りを家に向かって歩いてるとTOKYO HEADLINEが目にとまった。
d0142660_21193347.jpg


魂こがして再び歌う!かあ。

この記事に手を伸ばす人がこのTOKYO(と神奈川)に何人いるのかな。
少なくとも一人ここにいたのは確か。

思わず手に取り駅前の噴水広場で缶コーヒー片手に記事に目を通す。
ついでに煙草に火をつけて。

ランニングの格好したオヤジが缶コーヒーと煙草を交互にFREEPAPER
に目を通すさまは多分異様なんだろう、視線が痛い。

石橋凌の声にぶちのめされたのは高一の時。

アルバム「YLLOW BLOOD」をクラスメイトのY君がTAPE(メタルテ
ープ)に落として僕に渡してくれたのが最初。

その声の主はなにもわかっていないひねくれボウズの僕に向かって

「ボウズ、よく聞け、この先そんなに甘くないぞ、心して行けよ」

と言っているように感じた。
d0142660_2120467.jpg


なにもわかっていないながらにひねくれボウズのその後は確かに甘くなく、
その解釈は当たっていたのだから彼のメッセージは力を持っていたのだと
思っている。

今はいない弟が「何曲目が良かったよ」とテープを返してきた時のことなど
思い出したり。

甘くない時に繰り返し聞いては力を貰っているのだからこれもなにかの縁だと
思っている。

鍼灸治療で生きる力を保ってくれる人がこのTOKYO(と千葉)に何人いる
のかな。
少ないけどこの数年で幾人かいたのは確か。

これも何かの縁だと思いたい。

来週のNAHAマラソン、走りきれるだろうか。
去年は走りきるも、その後が散々だったしね。

ウォークマンのプレイリストの中のE.E.S GYOGUNREND’s etc に混じっ
て10kmポイント毎にA.R.Bが流れるように編集しなおした日曜日の夜。
来週、またいろんなことを考えながら42.195km走ります。

もとい、走れたらいいな、だ。
[PR]
by fuji69fes | 2011-11-27 21:31 | more about ...

舌の痛み・しびれ

鍼灸治療を訪れる患者さんのなかには「舌がしびれる」と訴える方
いらっしゃいます。

たいていは鍼灸治療を受ける前に病院で検査・診断を受けていらっ
しゃるので重篤な病気(舌がん等)ではないのですが、ご本人にとっ
ては不快でたまらない症状です。


外見上は特に変化がない(本人は変化がわからない)のに舌がしびれる場合

舌痛症という病名がよく使われます。
中高年の女性の場合などに多く、舌のしびれと痛みが伴うものもあります。


薬品による中毒や糖尿病などで起こると言われている舌のしびれの場合


神経筋疾患で舌に皺がよって舌が小さくなることがあります。


舌のしびれの原因はこの他にも

虫歯、歯肉炎、口内炎などがあります。



入れ歯などが舌に干渉して舌を刺激しているため痛む場合や、虫歯の治療
でかぶせた銀歯による金属アレルギーで舌がしびれたりする場合もあります。



40~50代の更年期を迎えた女性に多いため、舌痛症は更年期障害のひとつで
はないかという見方もあります。

続きを読む・・・
[PR]
by fuji69fes | 2011-11-24 12:02 | 治療室より

骨折その後・・・

一昨日は横浜でクラプトン&ウィンウッド。
昨日は名古屋で妻の従妹と会ってきた。
今日は患者さんを数人診て空き時間に整形外科へ。


前回のレントゲン撮影から3週間ほど経ったので再びレントゲン
撮影。

痛みはあるのです。でもテーピングして生活してたので当初より
かなりマシ。

本日撮影した写真をみると前回ハッキリ映ってた影は無く、痛む
部位の周りがホワン~と丸みを帯びた感じ。

「うん、結構良くなったみたいだねえ。走れるかもよ。」

と整形外科のドクター。

「でもきっとすごく痛くなるよ。」
「それと、再骨折する人多いから気をつけて。」

とも。

わかってますって、そんな患者さんを整形外科や整骨院でどれだ
け診てきていることか。

だから、自分のケースだと走りたくないんだなあ、こんな時は休
むに限る。

一ヶ月以上走ってないから心肺機能落ちてるし。

と、ネガティブなこと言いながら、仕事終わってタイツ履いて、テ
ーピングをやり直して、クッション性の高いシューズを引っ張りだ
し、インソール(SUPERFEET)を入れた。

いや、まだ走るかどうか決めてないよ。

練習しただけで凄く痛いかもしれないし、歯茎腫れるかもしれないし、
アナフィラキシーも起きるかもしれない。

でもね、患者さんのことや再び今日から治療を始めた従姉のことなど
考えると「走ってみようかな~」って思ったりするんだよね。
42.195km、走りきらなくても途中から歩けばゴール出来そうだしさ。
力抜けた感じで走ってみるのもいいんじゃないかな。


[PR]
by fuji69fes | 2011-11-21 19:39 | マラソン

お医者さんがすすめるツボ快癒術

お医者さんがすすめるツボ快癒術というこの本

久々に読み返してます。
d0142660_23644.jpg

鍼灸師になって臨床に出てからというもの鍼はとても勉強したのですが、
しばらくお灸についてはそれほど勉強しなかった。

でも、当時務めていた整形外科でお灸の日というのがあって、肩こりや
関節の痛みの治療にお灸を勧めていた。そして、そのお灸の日を楽しみ
にしている患者さんがとても多く、特に膝などの関節の痛みにとても良
く効いていた。

それで俄然やる気になって臨床で使うレベルに高めるためにお灸の勉強
を始めた。で、この本や深谷灸法他お灸の本を読み漁ったものだ。

自分の古い切り傷(寒くなると痛む切り傷)がお灸を続けて痛みを感じる
ことが少なくなったし、胃腸の調子もかなり整う。

喉を痛めた時なんてすぐ楽になったし、39度の発熱も下がった。

膝関節の痛みが取れた患者さん、踵の痛み(骨棘)が取れた患者さん、
お灸で寝つきが良くなった患者さん、


自他共にお灸の効果で助けられてきた。

お灸の良いところは自分でチョイチョイっと手軽に続けることができる。
そして、調子が良くなっていく。

でも、どこにどう据えたらいいのか、解らない時にとてもわかりやすく
書いている本があると便利だ。

そんなときとても役だった本。

患者さまに貸し出してます。興味ある方はお声をおかけください。
[PR]
by fuji69fes | 2011-11-16 22:58 | 治療室より

knock on wood

この時期、寒くなってくるので調子を大きく崩してしまう患者さんが多い。
冬季うつとか、季節性情動障害とか言われるけど、ゆっくり出来ない世の中
だからかな。

「絶えず活動的なことが良しとされる雰囲気は好きでない」
「養鶏場の鳥みたいでヤダ」

と言っていた患者さんがいたけど。

冬眠出来たらいいのにね。

でもやりたいことがあれば「活動的になれた方がいいな」と思うでしょうね。

部屋の中で生活してただでさえ太陽の光を浴びることが少ないうえに、日照
時間が減ってくるこの時期、防寒してできるだけ外へ出てもらいたいもの。
陽ざしを浴びるといいことがあります。
セロトニンなどの神経間伝達物質のバランスを整えてくれる。
鶏と違って夜はしっかり電気を消せば眠れるようになるから大丈夫。

散歩などで体を動かし、バランス良い食事、いいリズムが出来てくるとこの先
「この調子が続きそう」って自信がついてきます。



[PR]
by fuji69fes | 2011-11-14 10:36 | more about ...

脊柱管狭窄症

以前の勤め先治療院で左足の痛みとしびれでいらっしゃった患者さんの例

71歳 女性

もともと整骨院に長く通っていたが、秋口から腰の重さが増してきて足を付くと
しびれや痛みが出ることが多くなった。

整骨院では腰を揉んだり、押してもらったりしていたという。

ヘルニアや股関症、その他鑑別するための徒手検査を行ったが愁訴の憎悪は無し。

腰骨の状態を触れて確認すると前湾が少ないどころか真っ直ぐ。

腰椎の動きも悪いし、大腰筋のしなやかさも無い。
本当に整骨院に通っていたのか?というくらい動かない。
「強く押したり揉んだりしてもらって気持ちよかった」と。
ま、すべり症でもないし、強い弱いは患者さんの主観だから通っていた整骨院が
良いとか悪いとかは判断つかないが、経過として悪くなってきているというのが
腑に落ちない。

「痛みやしびれで歩けなくなることは?」と問うと「無い」と云う。

しかし、「痛むとき前かがみになると楽になる」というから「狭窄症の疑い」を
伝えておくこととし、その日は通常の治療を施す。

脈は腎虚証。下腹部に力なく、両足ともむくみがある。
寝つきは良いが早朝に目覚めてしまうようになって「年のせい」と本人は云う。

治療後足がすっきりしてきたというので早めに整形外科を受診するよう伝えた。

2週間後に再度治療依頼を受け、話を聞くとMRIの結果、狭窄症と診断が下ったと
いう。
しかし、「すぐに手術の手配をしましょう」「大病院を紹介する」と言われ驚い
たと。

肝心の痛みしびれを問うと、前回の治療の日とその後3日は調子良かったという。
「2日間は朝までぐっすり眠れた」とも。

で、手術は気が進まないし、眠れたのも嬉しかったので「前と同じ治療をしてほしい」
という。

では、と治療を開始するとむくみは左足のみで右はずいぶんすっきりしている。
腰の柔軟性は変化なし。

間歇性破行も無く、痛み・しびれもそのために眠れないというほどでもないので
手術については「ご自分で良く考えて」と伝える。

その後週に一回程度のペースで2か月治療を継続し、痛みしびれは無い日も多く、あっ
ても以前を10とすれば1~2程度。「手術は受けないでいいかと思う」と。
自宅でできる大腰筋の運動を教え、「痛みが出ない限り続けて」と伝えた。

もちろん、年齢的なことからこの先手術を受けたくなっても受けられなくなることも考
えたが、今この状態ならあえて手術は受けなくていいと決断したと。

あれから5年以上経って、駅でお会いしても「問題無いのよ~、運動を続けて足腰が前
より強くなったから旅行三昧なの」と笑顔を頂けたし、脊柱管狭窄症の程度も軽く、進
行も無かったと考えている。
なにより、本人の運動努力が素晴らしかったとも思う。
僕の治療なんて「治療」というより「自己治癒のきっかけ」に過ぎないのだ。
[PR]
by fuji69fes | 2011-11-10 20:53 | 治療室より

11月 12月の診療日

今日は立冬。
寒くなってしかるべき日です。

今年はいろいろありましたし、この先もまだ何が起きるかわかりません
けど、年配の患者さんに言わせれば「人生なんてそんなものよ」だそう
で、「自分のやりたいことをやれるように生活する」そして「現世で起
きたことは自分の人生として引き取る」と。


さて、11月のスケジュールです。
日曜・月曜・木曜の診察日に加えて祝日23日(水)も診察させて頂いてます。


11月10日(木)午前休 12:00から診療
11月13日(日)診療
11月14日(月)診療
11月17日(木)診療
11月20日(日)
11月21日(月)午前休  午後から診療
11月23日(水)祝日ですが診療してます。
11月27日(日)診療
11月28日(月)診療

12月は今のところ

12月4日(日)NAHAマラソンのため
12月5日(月)NAHAマラソンのためとなっております。
[PR]
by fuji69fes | 2011-11-08 00:28 | 治療室より