<   2011年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧

折れてたみたい…

右足の第5中足骨の頚部(中足趾節間関節側)が痛いな~と思って10日程。

疲労骨折?小指を角にぶつけた?
ブーツで一日中歩き回った(あの日はちょっとはしゃぎすぎた)?
林道でバイク転倒して足挟んだ?

どれもここ一カ月以内の出来事で、直後に痛みがあったのは角にぶつけた時だけ。
バイクでの転倒は他の場所の方が痛かったし。

しかし、レントゲンにはしっかりと黒~い影が。明らかに他の指の同部位とはことなるし、
痛むのは確かにその場所。

~第2中足骨疲労骨折(行軍骨折)では、マラソン、ジョギング、ウォーキングや剣道な
どで見られることが多く、また安全靴着用で長時間歩行を強いられる作業でも起こるこ
とがあります。   
 この骨折は、軍隊の長距離行軍訓練などで多発するため行軍骨折と呼ばれることも
あります。
始めは第2中足骨の真ん中(体部)や先の関節辺り(頚部)に、腫脹、歩行痛、圧痛を生
じ、次第にその程度が悪化してきます。レントゲンにおいても初期では影像に現れないこ
とが多く、2~3週後に再度撮影してわかることがあります。
しっかりした安静固定を施行しないと、過剰仮骨形成を生じて慢性的な痛みに悩まされる
ことが多く、稀に偽関節(骨折部分が癒合しないまま固まってしまう状態)を生ずること
もあります。~

ということで、固定と安静です。
2週間後くらいにも一度レントゲン撮ってみよう。

したがって那覇マラソンは走れません(泣)


ん?(笑)でしょ!とか言わないのッ!


歯ぐきの件は別途ご報告しますね。

MARCHこのアルバム、引っぱり出して聴いてます。
[PR]
by fuji69fes | 2011-10-31 16:11 | マラソン

気圧と体調

たとえば昨日から今日にかけて。

気圧の谷が通り過ぎ、晴れになる訳ですが、昨日はどうもおもわしくない体調だった
のが今朝は目覚めが良かったりした人も少なくないはず。

≪人間は自然の一部、環境因子でからだは変調します≫
気圧の変化は酸素濃度の変化なのですが、低気圧では大気中の酸素濃度が薄くなりま
す。(高気圧はその逆)
クルマやバイクのエンジンも気圧で調子が変わりますよね。酸素量の変化が影響する
ためです。(古い気化装置の場合ですけど)


 気圧が低いと次のような症状が出やすいです。

    ○頭痛(頭が重い、鈍痛、頭を振ると痛い)
    ○睡眠不足(寝られない、よく目が覚める、熟睡しない)
    ○食欲がない
    ○吐き気
    ○お腹にガスがたまりやすい
    ○むくみがでる
    ○胸部の圧迫感


これらの症状を訴える患者さんが結構いらっしゃるのですが、本人は抗精神薬・安定
剤の類を服用していてこころの問題として病症を捉えていることがあります。

じつは、上にあげた7つの症状は高山病(前段階)の代表的な症状なのですけどね。

程度はまちまちですが、低気圧が近づいてくると心も体もだるく、無気力に。高気圧
が覆うとなんだかやる気が出てくる人多いですよね。
これは低気圧は同じ自律神経でも心身をリラックスにもっていく副交感神経優位に、
高気圧は心身を活動的にする交感神経を優位にするからです。

副交感神経は血管を拡張させ血圧を下げますが、その反応が急激だったり過剰気味
になる(ココがポイント)と血管が開き過ぎて低血圧、血行不良を起こしリラックスを通り
こして体がだるく、無気力を起こしたり。


≪対策≫
酸素バーなるものが数年前に話題になったりしましたが、酸素チャージャーで体調が
楽になる人もいますね。
根本的には体を動かして、筋力をつける、心肺機能を向上させるということも必要かも
しれませんが、姿勢を正したり、胸部・首・肩・背中を緩めることでずーっとラクになる
こともあります。
すぐに運動する習慣を身につけるのは大変ですが、ストレッチやマッサージ、整体、鍼
灸治療を受けつつステップアップしてくと実感し易いので自ら運動を始めることのハード
ルを低く感じれる人も多いです。


≪東洋医学的観点≫
低酸素状態になっているのかな…と思いながら東洋医学的診ようと肺の気が虚してい
ないか脈・腹をチェックしてみるのですが脾・肺の虚がある人が多いですね。

≪こころ と からだ≫
よくよく伺うと脾が虚す原因がメンタル面にある人も多いです。
ストレスで食欲に変化が起き、体内を滋養する食がおろそかになっていたりすると生活
習慣のチェックも含めて早めに対処したいですね。

≪自律神経の調節≫
こころのトラブルが原因だとしても、からだの変化は自律神経の変調ですから、自律神
経が調整できてくると症状も大抵は落ち着きます。

≪おすすめ≫
鍼灸治療も効果的です。
ご近所やお知り合いなどで情報を探して積極的に治療を受けてみてほしいものです。
[PR]
by fuji69fes | 2011-10-31 09:21 | 治療室より

天気いまいち・・・

明日は午前は歯医者に行くため今頂いている予約以外はお受けできません。
お昼以降は空きがありますのでメールかお電話でお問い合わせください。

それにしても天気が芳しくないですね。
走る(BIKEもRUNも)のはお預けになりそうです。


[PR]
by fuji69fes | 2011-10-30 22:54 | 音楽

喉の違和感にお灸

d0142660_0436.jpg

整骨院や整形外科に勤務していると鍼灸は肩、腰、膝などの筋肉、関節、神経への治療としか認識されていないのでは?と思えてきてちょっとメランコリ〜そんな不遇な時代を過ごした鍼灸師は僕だけではないと思う。


実際に鍼灸治療で治せる疾患は、

皮膚疾患(アトピーや水虫、主婦湿疹、皹etc)・胃腸疾患(胃下垂、胃潰瘍、便秘、下痢、吐き気)・不眠・気分障害・冷え・のぼせ・不妊・逆子・PMS・神経症・頭痛・眼精疲労・脱毛症・他、守備範囲はかなり広範囲。




肩こり、腰痛、五十肩、膝の痛みなどを治療するだけのために鍼灸師免許を取る人なんているのかな?(結構いるんだけど…)

スポーツトレーナーや柔道整復師と兼務ならそれもあり。

でも、もったいないと僕は思う。

鍼灸でなく、その資格範囲内で運動器疾患の治療できないのかな?と思ってしまう。


むしろ、漢方を扱う薬剤師さんが鍼灸師を兼務するなら魅力的だなぁ。

栄養士さんや看護師さんも然り。

運動器だけならず小児医療〜女性医療、家庭医療全般、難病まで多岐にカバーできるんだから。


閑話休題


昨年あたりから、発熱や喉の痛み、鼻水鼻づまりなどの治療で僕のもとへ治療に来ていただける患者さんがちらほら。

ありがたいなぁ。

と、はりきって治療させて頂いてます。

総合感冒薬もいいけど、鍼灸も良く効きます。
なので治療にいらした患者さんで鼻水鼻づまりや声がかすれていたりしたら、ついでにそれらも治
療させて頂いていたのですが、最近は「風邪気味なので鍼灸で治してください」と言って頂けたりする。

鍼灸師冥利に尽きます。


今朝の冷え込みで喉痛めた方も少なくないのでは?

喉の左右の症状なら脾経、足の親指の大都というツボにお灸すると喉のカサつき、腫れ、痛みが取れますよ。お試しあれ。

喉の真ん中の症状ならば腎経の太渓です。

でもね、そうなる前に手洗い、うがい、マスクです。
[PR]
by fuji69fes | 2011-10-27 00:04 | 治療室より

飲み会に誘われ・・・

ということで仕事後に西馬込へ。

久しぶりに会う面々、つかの間の再会。

しかし、歯ぐきの縫い痕もあってアルコールは控えた宴。

迷ったけれど行って正解、そう思えた夜。

明日も早いので寝なくちゃと思いつつ、あの曲あるかな?と探すと
見つかった。

[PR]
by fuji69fes | 2011-10-23 01:32 | more about ...

歯茎を切開、縫合した…

d0142660_16102081.jpg

昨年末の那覇マラソン後に僕を襲った頭痛の原因のひとつが歯根の神経だった訳だが、実はまだ根治していない。

3.11のドタバタで生活拠点と歯医者を変え、毎週のように消毒をし、歯茎に効くツボ(あるんだな、これが)に灸をして改善傾向にあるのだけど。
9月のランニング以降、疲れが抜けずに歯茎の改善も足踏み状態。


ここらでもう一歩進まないと間に合いそうにない。

なので、できればメスを入れるのは避けたかったのだけど、歯肉を切開して膿を掻き出すことにした。
なにせ、練習不足と時間も不足、体調も悪くはないけど疲れやすい、未病状態。
このひと月ほど、3日に一度は鍼か灸をして体を保持してる。

ひょっとしたらこの方が早く炎症が治まるかも、という歯医者の先生の勧めに従う他無い。

麻酔はしていても歯茎を切り、中をゴシゴシ?ゴリゴリ?かき回してる感覚はわかるわけで…想像力豊かというか、奥歯・上顎・歯肉…解剖の知識なんて無ければ良かったと思いながら目を閉じてなるべく楽しいことを想像するけど、現実というやつは顎の奥に響いてくる。



なんだかとても疲れたので美容院に行って髪を切り、ヘッドマッサージをして貰った。
ふう~っ、少しリラックス。

明日はどっちだ?
[PR]
by fuji69fes | 2011-10-20 16:10 | more about ...

昨日のパンダ珈琲店

d0142660_1275917.jpg

d0142660_1275963.jpg

d0142660_1275990.jpg

昨日のこと。朝早くに僕は仕事へ。義母と妻は京都へ。

今日からしばらく独身貴族だ。夜釣りに行けるぞ!と思ったけど患者さんの予約がビッシリ。一晩くらい行けるかな…


昼休みに一度阿佐ヶ谷へ戻り洗濯物を取り込む。

お昼はサンドイッチで済ませて仕事へ戻ろうとしたら患者さんからキャンセルの電話。

ポッカリ空いた90分、喫茶店でも行くかと外へ。


阿佐ヶ谷は先般閉店してしまったが日本初の喫茶店もあった街。中央線文化の一翼を担う個性的な喫茶店の多い街。

でも最近は箱モノ文化に押され画一化されたチェーン店に押され気味なのは中央線沿線武蔵野地区といえども…仕方ないか。

安くてハズレのないサービスはなかなか強い。


が、昨日初めて訪れたパンダ珈琲店はなかなかの盛況でした。

こういうアミューズメント性があるというのはまったり本でも読んで…的な過ごし方には向かないけどたまにはいいか。

時間あるときにゆっくり過ごすお店は確保してるのですが、ちょっとここでは教えたくないですねぇ。
といっても、最近じゃそんなゆっくりした時間が無いのだけれど。
[PR]
by fuji69fes | 2011-10-17 12:07 | more about ...

ブレーキのメンテナンス

d0142660_222128.jpg
なにもしないというのも退屈極まりないもので…

ひび割れたスロットルのワイヤーを交換したかったのだけど、キャブまで外すなら
2次エア対策も兼ねてインマニのパッキンも交換したい。けど、僕には荷が重いので
お店に頼むこととして予約だけ入れた。が、パーツが揃って取付してもらうのは一ヶ月
先になるとか(驚)

純正パーツを安く入手し、作業はきっちり丁寧に当たり前の工賃を支払ってやって
もらうので仕方ない。待ちましょう。

で、久々にXL1200Sを見回すと、自分でも弄りたくなってしまって、ブレーキフ
ルードの交換とキャリパー周りを掃除することにした。
フルード交換は慣れたもの。リアブレーキ踏みながら車体の反対側にあるニップルを
レンチで開け閉め、開け閉め。スタンダードな方法ながら一人でやってる姿は傍から
見ると「なにしてるんですか?」状態。体育の日だからね。


後はキャリパーを外して、ブレーキパッドも外す。パーツをすべてキレイに吹いて
シリコングリスとスレッドコンパウンドを必要個所に塗布して組直す。
d0142660_2205393.jpg


ピストンもラバーブーツも問題無く、小石を噛みこんだのかパッドの荒れとローターの
レコード傷がちょっと気になるけど、ローター交換まではまだまだ。(現在2枚目)

スライドピンにしっかりとグリスを塗って動きを良くしたのでちょっと試乗だけだけど
タッチ良好。

フロントは時間がなかったので次回に。
d0142660_222234.jpg
d0142660_2223326.jpg

[PR]
by fuji69fes | 2011-10-10 22:03 | スポ&SR400(bike)

NINA SIMONE

秋は ニナ・シモン

誰が決めたとかではなくて、僕が決めた。

空が高くなってくると、ニナ・シモンが聞きたくなる。
d0142660_2346333.jpg


16~18才の頃は秋の肌寒い雨が降った日はストーンズのアンジーを良く聞いた。
ミルクティーをポットにたっぷりと入れて、少しづつカップに注ぎながら何度も聞いた。

19歳からはニナ・シモン。
20代、30代と同じレコード(べツレヘム盤・デビュー作)を聞いてきた。
ここ数年は、ミルクティーではなくてほうじ茶を飲みながらが多いかな。

JAZZ VOCALとしてというより、独特なあの声に引き込まれた。

もともとPIANO専攻でVocalは副業(?)として唄い始めたとの話もある。
JAZZ VOCALとして、といったカテゴリ分けはあまり意味がない人。

ビートルズやボブ・ディランの楽曲も結構唄っているし、I Put A Spell On You
なんて本家Screamin Jay Hawkinsよりカッコいいかもしれない…
いや、Screamin Jay HawkinsはOnlyONEだけど。


[PR]
by fuji69fes | 2011-10-05 12:39 | 音楽

上実下虚

涼しくなって上着は羽織るけど足元は夏の名残。

そんないでたちで外出してると、お日様パワーで体の中の陽気が上へ上へと引っ張られ、涼しい足元、下半身は冷えてしまったりします。

首肩がカチカチになったり頭痛が出たり、目の奥がボワーッとしたりするのは、のぼせかもしれません。

お腹冷えたり、腰が痛んだり、膝に違和感が出てくるのは冷えかもしれません。

体の上下の流れが悪くなり、上がのぼせ、下が冷えの状態を上実下虚と言います。

頭寒足熱の反対の状態で、体内の陰陽の交流が滞ってるわけです。


胃の調子が思わしくなかったり、背中が張るのは上と下を繋ぐ部分の気血の流れが、上に行こうか、下に行こうか定まらないためにこんがらがってしまってるから。


季節の変わり目で夏の疲れを引きずったままの方、日頃目を酷使してしまう生活、冷えのぼせが出やすい体質の方は体の中がどっちつかずですからこんな症状が出やすいです。


頭痛や目の奥のボワーッと感がある人は首や頭を触り、そして足首や足裏に触れてみましょう。


頭首が熱く、足が冷えてるのでは?


首筋やおでこを冷やし、足先を温めることで気血の交流が良好になりいやな症状が軽くなるでしょう。
[PR]
by fuji69fes | 2011-10-04 20:35 | 治療室より