<   2008年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

適度な距離感

父から携帯のメールへ「桃を送ったぞ」と連絡があった。
昼間の暑い時間にちょっと忙しくしていて、疲れも感じたていたこともあり、いつもならす
ぐに返事をするろころだが、そのままにしていた。

夜、電話が鳴り、出てみると父だった。
「メールしたけど、届いてるのか?」といった内容で声が少々荒い。
(僕のせっかちは父譲りだ)

返事をしなかったのがどうも気になったらしい。

心配をかけたのかもしれないし、もしくは、携帯があることですぐ隣の部屋にでもいる
ような気分になり、返事をしない息子に腹を立てたのかもしれない。

こちらも反省する点があるが、携帯やネットの普及で返事が無いと心配、返事がない
と無視されてるような気分、などなどそんな不安症的な気分になることが多くなったこ
とも事実。

先日、親しくしている人が小旅行へ出かけ、その準備やら多少お手伝いしたこともあり、
帰宅後の連絡を待っていたがそれが無くて僕は勝手に心配や苛立ちを募らせていた。

相手にしてみれば、相当疲れていただろうし、今日の僕のように「気分じゃない」ってタイ
ミングだったのだろう。

僕が勝手にハラハラ、イライラしたのは「どうだった?」といろいろ土産話を聞きたい期待
もあったとはいえ、ずいぶん身勝手なオカドチガイ、カンチガイな部分も大きく、相手の生
活に土足で入り込んでしまったと反省。

こういった距離感の保ち方が僕には少し難しくもあるのだが、携帯を持たないのも無理が
ある生活。もっと人との程よい距離感覚を磨かなければと思う。

そういえば、タンデムやバイク同士での会話に便利なブルートゥルースインカムを購入し
た人の話しで、婚約者ともっと楽しめるだろうと購入したら、いつでも会話できるから疲れ
てしまい、思わずインカムにむかって大声で「うるせえっ!黙れ!」と叫んでしまったらしい。
リアルタイムでコミニケーションすることのメリットを見込んでの使用だったけど、過去のツ
ーリングで休憩ポイントごとに「さっきの景色きれいだったね」とか、「道が荒れてて怖かっ
たね」とかその都度それぞれの感性をバイクを降りた状態で確認したほうが楽しかった点
も多かったとか・・・。
[PR]
by fuji69fes | 2008-08-11 23:14 | more about ...

ミッション 完了

883のミッション修理他諸々が仕上がったとの連絡を受け取りに行って来ました。
「一速カコンッ」でドッグギアやシフターフォーク34142-89C、34144-89C、
34147-89Cを交換していたので特別に大きく交換する部品は無かったのだけ
ど、カウンターギア2nd 35797-00も一応交換。
あとは、シフタードラム33634-91とシフターフォークのバリ研磨、そして、デント
アームスプリングのテンション調整、その他消耗している小物(リングやピン)の交
換となったとの明細と説明でした。

今回の修理で特に大切なのは部品の交換ではなく、ドラムやフォークの個体差、
バリの修正とデントアームスプリングの調整であったと思われます。
やはり、工業製品の組み込みは部品精度の個体差が大きく関わっているようです。

特にスプリングのテンションはある一定の確率で調整が必要な車体が出ているら
しく、これがミッションのアタリ・ハズレに関わるようです。

まあ、他にもいろいろくたびれている883。
フロントフォークは完全にオーバーホールし、前後ブレーキローターも交換。
ステムもオーバーホール、そして、わかっていたけど痛かったのがスイングアーム
の右ベアリング。水の浸入でグリスが乳化していてベアリング交換となりました。
ま、ウィークポイントだからこの際思い切ってオーバーホールして良かったと。
d0142660_22583489.jpg


それにしても、しっかりした症状の見極めと修理技術、そして接客応対の完璧度。
CS度高いショップです。
また、人を使ってそれを行うことの難しさは個人でも大企業でも大変ですが、それ
を高いレベルでこなしているのは、人柄なのでしょうか?
それだけではないでしょうね。
素晴らしいお店です。


僕が人を使って治療院を経営しないのは、その教育の難しさから。
どうしても妥協しなければならないところが出てきて、患者さんへの対応にアラが
出てしまいそうです。
自分よりレベルの高い人を雇うことは現実的で無いし、コストや時間的効率を上げ
るには複数で治療にあたるのが良いのですがね。
もちろん、治療は機械修理とは異なるのは当然ですが、プロフェッショナルはマニ
ュアル+αが必要なのは今回の883の修理を通すまでもなくわかっているつもり
でしたが勉強になりました。
あと、10年は乗れるのかも。(環境が許せば)

自分の体はあと20年以上はバイクに乗れるようにメンテしないと・・・。

帰り道、練馬名物土砂降りにみまわれましたが、883はすごく快調でした。
埼スポあたりは883で行こうかな。
[PR]
by fuji69fes | 2008-08-10 21:33 | スポ&SR400(bike)

シンクロニシティⅡ

久しぶりの中央線。
吉祥寺へ向かう。

~元気な魚も水槽の中に入れると次第に活性が下がってきます。
自分に適した環境のなかで能力を発揮させましょう~

正確ではないが、そんな内容の車内ディスプレイを見た。
確か10秒の導きってやつだったかな。

途端に蘇る遠い記憶。

「泳ぐことは
 頭をぶつけることだ
  観ているあなたにはわからないだろう♪」

カノンのメロディーにそんな詩をつけた遠藤ミチロウのテープを聞いた15歳。
一瞬にして全てを感じ取った、そんな気分に襲われたあの時。
何も準備出来てないのに始まってしまったこと。
今の僕なら一つ一つ事に当たれと言えるだろう。

自分一人で抱え込んでも無理な話。
その判断さえ出来なかった経験値と能力の無さ。
自信の無さは周りへの突っぱねとして現れ、謙虚さを弱さと誤認して過ごした
アンビバレンツ。

国立にあったエアガレージとアースホール、渋谷BYGとアフロマニアがshelter
だった。

そんな思いを巡らせながら吉祥寺駅からエアガレージへ。
井の頭通りの歩道で件のテープを僕に渡した女性に再会した。

10年以上経ての再会。
偶然なのか、タオ的な必然なのか、今のところ見当がつかない。

僕の迷走は僕自身に由来してるのは明白なれど、あの時期ナビゲータとして大き
く影響を受けたヒト。
振り返れば彼女だっていろいろと彷徨ったに違いない。

サバイバー同士の再会と思えば嬉しいシンクロニシティ。

巨大なパスタ鍋がある厨房に閉じ込められたような外気と大きな雨粒の下、お互
いの近況と連絡先を交換した。

晴れていればバイクで行く道、通り雨に感謝しよう。

エアガレージではかつての僕がそうであったように、剥き出しの自意識、感受性の
塊のような多くの音楽好きがこのところいたたまれない状況に陥っているといった
ような話になった。

セイフティーネットとしての空き地や溜まり場、そんな場所が地域社会から減り、お
互いの体温や臭い五感でコミュニケーションできる場が少ないね。そんなハナシ。

僕が今やっている仕事はそこへなにか出来ないかとの思いもあってだが、経済的
な壁は患者さんサイドにとって小さくない。

少しでも負担を減らそうと患者さんの症状によっては医師の同意書のもと保険適用
もと動いては見るが、法的縛りがあり、限られた患者さんしか当てはまらない。

エアガレージ店主の「NPOは?」との提案に「あっ、それ!」と感ずるところあったの
で調べてみようと思う。

帰宅すると京都の甘味屋の旦那からのメール。
40歳目前の彼からの言葉。

~行き着いたところが「志」をもちそれに向かって行動するのみ。
○○時代は「志」ではなく単なる野望でした。
お客様に喜んでいただきたいと一身でやっていればいつか花が開くときがくると信じて
日々精進しています。~

己を知り、人を知り、その環を俯瞰し、克己心を育て環を大きく。

患者さんのつぼみを開かせてわが身を立てる。

サバイブして行けるか?進化する40代を目指して。

Turn on,tune in, drop out
[PR]
by fuji69fes | 2008-08-04 22:30 | more about ...

島も良いな

治療院のサーファー、S先生がSIMADASなる本を見せるものだから・・・

燃料高騰で飛行機も大変だと思いつつ、3年前に訪れた式根島が気になっている。
調布からのフライトの値段を改めて調べたが価格は上がっていない様子。
島民の方々の足だからかな。


3年前、小さな湾は夜明け前から日が昇る頃まで独り占め。

小さな島だから走るのも良いな。

行こうかな・・・

d0142660_18282416.jpg

[PR]
by fuji69fes | 2008-08-04 11:26 | more about ...

883 復調?

ミッショントラブルが今ひとつ治りきらなかった883。
譲ってもらって2000kmも走ってないまま車検が近づいてきた。

オイルマネー主導のガソリン急騰、(根拠は定かではないが)環境問題、
レシプロエンジンの潮時か・・・と思いつつ、急に思い立った修理プラン。
(暑さで判断力が無くなったのか?)

いざ、所沢へと走り始める。

あれ?いつもならガチャンっ! カコンっ!て鳴るミッションが入り易い。
シフターフォークとドラム、それと思いっきり削れてたセカンドのドッグギア
を交換しても治りきらなかった不調が感じられない。
これじゃ、1200Sと同じ程度の具合ではないか。
オイルはちょっと良いのを入れたけどそれだけで?

ともかく走り出してしまったのだから所沢へ。
883ってやっぱり速いね、1200Sよりも。

店主はいつも穏やかな笑顔で、丁寧に試乗してから推測だけど・・・と断って
説明をしてくれる。
あやふやなところは「開けてみないとね。」また、「開けたから、測ったからで
判断できない部品はここだから、交換してみるしかないよ。」アドバイスも。

で、その判断は「とりわけ問題ないようだけど?」
気のせいでは無かったようで。僕の感覚。

でも気持ち悪いからチェックしてもらうことに。

開けるからには、未交換のボスとドラムやらのバリ取り、遊び調整、デデントプ
レートも。それから、シフトペダルもチェックして必要に応じて修正。
ミッション関係完全です!といえる状態にしてもらうことに。

あとはフロントフォーク、ステムのOHとスイングアームブッシュ、ブレーキ周り
もしっかりとたまにはプロにやって貰いましょう。
というか、最近は仕事柄もあって、手を汚せないので自分で触る事が激減して、
そのまま、気持ちもめんどくさい~って状態。


しかし、いつもの事ながら部品代高いですね。
工賃はその人に任せるのだから値段に文句はつけませんがね。

というわけで、今回はさておき、今後は部品は個人輸入してしまいます。
釣具もアウトドア用品もバイク部品もこんなに高いのは何故?
(この間なんかポータブル治療ベッドを輸入しましたが6割引でした。
皆さん、欲しいものがあったら一緒に仕入れますよ。)


夏休み、3日ほど予定してますので八ヶ岳・白州と天気次第では行ってこようか
と思います。鎌が池キャンプ場で一泊したいですね。

883の仕上がりは今週末。
今年も 逃げ水を追いかける夏 です。
[PR]
by fuji69fes | 2008-08-03 18:15 | スポ&SR400(bike)

風にハーモニカ

誰でも良かった 
とにかくうさばらししたかった
あのときのことが許せなかった

様々な思いでいのちを傷つけてしまう人々が後を絶たない
自らのいのち 自分以外のいのち それは 人に限らず 動物 植物にも至る 


行き場を失った情念はあらぬ方向へ人を突き動かしてしまうことがある
誰だって胸に手を当てれば

そんなにキレイなもんじゃないだろう
この自分だって


そんなふうに思い当たる節もあるだろう

そんな思いは共有できないかもしれないし
するべきものでは無いかもしれない

治療室にはギリギリの思いを押し殺して体が言うことを聞かなくなった患者さんたちが訪れる

あまりに潔癖な人などは そんな思いも無いかもしれないが ちょっとやんちゃだった少年少女期を持つ人などは「その昔やっちまった」話をしてくれる

僕も負けじと軽音楽部の部室が煙草でボヤ騒ぎになったことや 時効とはいえココでは書けない話などをして応戦する(苦笑)とヤッチマッタナ~と突っ込まれたり(苦々笑)

どうしてあんなことしたのか?そのわけをライト感覚で模索する

もう済んでしまったことだし いまさら理由など…

だけど 表現下手でも表現することに努めると思いは相手に伝わる 
それが自らの力であって その力の大きさを知ること 身の丈を知ることで今の自分と世界の相関関係をある程度把握できたりする

それは人と 世間と 自分を比べることにもなるのだけど
競い合うことだけに注力せず そういうもの 
として自らの存在を受け入れる一歩にしてもらえると僕と患者さんのセッションは実りある未来へ向かう


楽器は奏でられなくともJAMっているとお互いの持っているリズムや進行の癖がわかってくる

患者さんとそんな感覚で治療をしていることも

唐突ですが 音を奏でてみたかったらハーモニカが良いでしょう

先日一人の青年に勧めてみました

呼吸が浅く、運動も嫌いだったので、最初歌を勧めたのですが歌うことは恥ずかしいとのことでしたので 
どんなふうに吹けばよいのか簡単に教えて


翌週再び治療に来るまでにかなり上達してました

聞けば 仕事で嫌なことがあれば 教えたフレーズを頭のなかで繰り返し 仕事に行けなくなった朝は 一時間吹いて その後 午後から出社できたと

少し深い呼吸が身についてきたようです

会社勤めが長く続くかはわからない けど なにか続けることが探せると良いな 
と言ってくれました

この国の政治家にハーモニカ
[PR]
by fuji69fes | 2008-08-03 16:51 | 治療室より