<   2008年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ウォーキング二日目にして

今日は昼休みに海まで歩いてみました。
気分がのれば軽くジョグするつもりで。

膝がウィークポイントの僕はワコールのcw-xを履いて腰から下はデューク状態。
川べりに出て、海を目指します。

結構な日差しの中、釣りをしているおじさんたちを横目に川べりをJOG。
川の色はちょっと赤く、プランクトン?濁り気味でした。

それでも、水面にボイルを見つけると足が止まりそうになるのが釣り人の性。

あれはボラ?それとも未だ釣れたことの無いシーバス?
とても気になります。
d0142660_156820.jpg


海までウォーキングとジョグで15分。

堤防では制服を来た高校生が二人、おしゃべりを楽しんでました。
いいなあ、学生時代海は遠く、ちょっと憧れました。海辺の青春。

対岸ではルアーを投げる人の姿も。
d0142660_1575594.jpg


帰りはほとんど歩いてなんとか時間までに院へ。

昨日のウォーキングとジョグの疲れか、早くも筋肉痛です。
翌日筋肉痛なんて僕もまだ若い?
いや、この程度で筋肉痛なんて先が思いやられます。

人としてより、動物としていかがなものか?この体。
普段、患者さんに「人間といえども動物だから、頭脳より体を動かすことが大切です」
なんて言っている自分が恥ずかしくなります。


それにしても、シーバスが気になります。
足場良いし・・・。
[PR]
by fuji69fes | 2008-06-18 01:58 | マラソン

とりあえずウォーキング

いきなり走るのもなんなので今日は小竹向原から池袋まで気持ち早足で
ウォーキングしてみました。

暑い日差しを避けようと木陰を・・・と思ったら路上に毛虫が!

まだまだ自然は健在です。
嫌いじゃ無いよ。毛虫に罪は無い。
でも好きじゃないですね。

落ちてくると厄介なので木陰を避けて歩きました。

思ったより歩けるなと思い帰りは軽くジョグ(のつもり)。

ダメですね、足が上がりません(苦笑)。
明日、整骨院の先生方にフォームを聞いてみることにします。
でも、体を動かすのは気持ちいいです。
ロルフィング効果を得ようと肩から小胸筋を意識してみると小竹向原に着
いた時には呼吸も深くなっているような。

いさみやで買い物をして夕食を作りました。
ネバネバ丼。
d0142660_22271312.jpg

[PR]
by fuji69fes | 2008-06-16 22:27 | マラソン

ランニングシューズ購入

どうやら、那覇マラソンへ強制参加・・・の命令が。
今でも拒否したいです(笑)
とりあえず走ってみないと出るも出ないも決められないので池袋に出来たアートスポーツへ行って来ました。

足を測定してもらうとどうやらそうとう幅が細いらしい。
これは意外でした。
踵が細いのはわかっていたけれど、幅は人並みと思っていたので。
だってナイキが履けないのだもの。
d0142660_2123149.jpg

幅広のアシックスやミズノのシューズを下調べして向かったのだけど細いから合いそうなモデルを試していくと、一番安くなっているアディダスになりました。
8000円ちょっと。

一万円超のハイテクトレーニングシューズを買うぞっ!と意気込んでいたので肩透かしを喰らった感もありますが、売り場で最初に感じたのはランニングシューズのカラーリング。こんな色なの~?ってくらい鮮やかな青や赤とシルバーやゴールドのマテリアル。正直勘弁と思っていっそ真っ白のヤツと考えていた。
で、実際に試履きしていて一番しっくりきたのが黄色いアディダス。
d0142660_21231290.jpg

これなら少しは我慢できそうな色。
「トレイルランニング用はダメなの?」

って店員さんに聞いたら

「アスファルトではミッドが硬すぎる」

とのこと。

「ふーん、釣り場には良さそう。」

「走るのが目的でしょ?」

と店員さんの引きつり笑顔が言っている。

で、中足骨が落ちてきているのが気になったのでインソールも購入。
コレ、入れると予測していたけれど幅が更に細くなる。でもアーチが持ち上げられていい感じで疲れにくそう。試してみないとわからないけれど60日以内返品OKというシステムも良いので購入しました。今まで足がつらい時はテーピングで対応してたのだけど、ベタツキや煩わしさが省けるかと思うと嬉しいです。

 釣りやツーリングに良さそう・・・コヤツ、走る気無いな(苦笑)

帰りは仕事中の妻に声かけて、夕飯の材料を買って帰りました。
この限定スイーツ、マンゴープリンとふんだんに使ったフルーツ。かなり気になります。
d0142660_21341870.jpg
桑の実なんて特に。
[PR]
by fuji69fes | 2008-06-15 21:26 | マラソン

10年目のSR400

妻のSR400 メンテナンス終了したとのことで受取りに行って来ました。

20周年モデルなのですが、今年は30周年モデルが出てますね。
ということは、妻のSRは10年目ということです。
ちなみにYAMAHA SR400で検索するとこんなギターに当ったりします。1978年製でその名もSR-400=スーパーロックンローラー400(笑)
ちょっと欲しくなります。

シンプルで上質、今となっては少しチープな感じもしますが、YAMAHAの良心というか、スリーコードとペンタトニック、それだけで十分だろ!っていう感じでしょうか。←バイクのSR400のことです。

長く乗ってるな~ということでメンテしたのは以下のとおり。
ステアリング廻り、フロントフォーク、ブレーキ、スイングアーム、ハブダンパーなどひととおりO/Hしてタイヤ、スプロケ、チェーン、オイル交換と共に、パッキン、ケーブル類も交換しました。
オイルパンのストレーナーには金属片も無く、エンジン内部は非常に良く保たれているようでした。フロントブレーキシューに至ってはまだ3mm残っていて、しばらくは大丈夫でしょう。新車から一度も変えてないなんて・・・・でもしっかり調整して非常に良い効きです。
リアのハブはちょっと段付きが出ていますが、まだ頑張れるレベル。これ交換するとスポークも張り直しねので今はちょっと出来ないし。妻の乗り方なら多分あと1万kmは持つでしょう。

ストトトトッと小気味良く引っ張るエンジンはやはり400ならではのフィーリングですね。
せかされない走りであればストレスも無く、やはり楽しいバイクだなと再確認しました。

走行距離36652km 10年目になりやつれた感じもありますがリフレッシュしてまたこの夏も小淵沢~八ヶ岳に行けるといいなと思います。
d0142660_2293317.jpg

[PR]
by fuji69fes | 2008-06-13 22:18 | スポ&SR400(bike)

小竹向原トンネルロール

d0142660_14584292.jpg


昨夜はかつて江戸川区で働いていた時の院長、H先生、0先生(二人共20代、僕は副だった。今は二人とも浅草橋で患者さんを診ている)と同僚のA先生(これまた江戸川で一緒だったので全員旧知の仲というか・・・)と浅草橋駅前のぶたいちろうで会合。

僕以外は柔道整復師なので、話題の流れはもっぱら接骨・整骨院を取り巻く環境になります。

保険適用と柔道整復師の診れる対象症状については、現実に即していない未熟な制度であるし、保険で食べていけるというよりは制度のおかげでしばりをくらっているから自費治療でやりたいという本音をちらちらと見せてくるあたり、完全自費治療の僕にとっては驚異でもあります。

僕の整体術はH先生から教わったものがベース。
おかげで僕は鍼が怖いというイメージを持つ患者さんもその術を用いて治療できる機会を
得られたし、H先生のトコロはいつも患者さんが溢れています。

H先生は、構造医学にどっぷりはまり込み、フィールドをどんどん拡大して、これからどう
化けるか末恐ろしい存在です。

O先生は介護方面への意欲、A先生は柔道整復師としての基本を大事にゆったりとした治療を提供する展望を語り、それぞれ目の前の患者さんへの治療を最優先にしながら先の先を読もうと熱心でした。
こういった若い先生が突出してくることは、地域社会にとって非常に有用な存在としてありがたがられるでしょう。城東地区の皆さまは安泰です。(笑)


さて、例の如く話題はコロッと変わりますが、明日6月14日は副都心線開通です。

ふらんす菓子シュルプリースさんのご当地メニュー、「小竹向原トンネルロールケーキ
も東京メトロのパンフレットに掲載されたり、副都心線開通フェアに参加していることもあり、今まで以上の問合せが殺到しているようです。

僕もさきほど、取り置き予約をしておきました。定番のバニラです。
d0142660_145407.jpg

梅雨時の散歩がてら、後ほど取りに行ってきます。
(徒歩一分もかからないから散歩にもなりませんが)

冒頭の写真ですが、この時期小竹向原や千川周辺ではタチアオイが路地のあちこちで咲いています。この花が順番に咲いていって、てっぺんまで咲くと梅雨が終わるのだとか…。
うっとおしい梅雨空の下、一つ一つ咲いた花を愛でながら夏を待つ、日本人ならではの自然観でしょうかね。
皆さまの痛み・辛さが取れるまでの間、タチアオイの花が一つづつ咲いていくような治療を提供させて頂きます。
[PR]
by fuji69fes | 2008-06-13 15:12 | more about ...

大粒の雨

薄日が差していたので近くのワールドインポートツールへ。
1/4インチ 12角のソケットが欲しかったので。

歩いていけるのが嬉しいところ。

使用頻度は少ないのでKO-KENの品を購入しようと向かったのですが在庫はSnap-onのみ。それも、差込1/4のみ。ジョイントも買うはめになり、結構な出費です・・・。

文句は言えません。ワールドインポートツールですから、輸入に強いのです。
あ、KTCのツールバッグ勧められたな(笑)

でもいいんです。近くにこんなに充実した店があるととても便利ですから。
今週中にブレーキキャリパーの整備をやってしまいましょう。
いや、梅雨だから焦ることもないか。


帰り道、急に雲行きが怪しくなって大粒の雨が・・・雷も。

明日は会議なので整骨院で進める混合診療の問題点と課題、保険診療の適正な運用について資料集めです。鍼灸師が運営・経営に口出しするのは楽ではありませんね。

ですので明日は こころとからだの治療院、お休みです。
[PR]
by fuji69fes | 2008-06-09 18:53 | more about ...

ゆっくりり と スエヒロガリ に

本日、桔梗・ゆっくりり のユウイチ君とMAIさんの結婚式に参列してきました。

最初に僕が組んだバンドにギターとして引っ張り込んで、僕が書いた詩に曲をつけてく
れたのが彼ですが、覚えてないかもね。

それから、僕が彼のバンドの写真を撮ったり、レコーディング手伝ったり、僕が行き場を
無くしてた時も彼らを手伝い、活動することでなんとか自分の空いた穴を埋めることが出
来てた日々がありまして、ずいぶん支えになった存在です。

不思議な縁ともいえなくもない、極めて個人的な事情もありまして多くは語らずもお二人
とお子さんの未来を祝福させていただきたいと思います。

おめでとうございます。
[PR]
by fuji69fes | 2008-06-08 21:05 | 音楽

うたの日

どうにか仕事の都合をつけて行って来ました。

  東京 うたの日 

  B.Y.G. BIG BAND
  リクオBAND
  BLACK BOTTOM BRASS BAND
  三宅伸治BAND
  風味堂
  下地勇と山本隆太
  BEGIN

 遅れて行ったのでリクオBANDの途中からに入場となりましたが会場、いい感じの雰囲気で埋まってました。AX、良いですね。
 リクオさんもKeyから離れてマイク無しで客席とやり取りしてて、客席が出来上がってました。 B.Y.G BIGBANDもきっと素晴らしかったのでしょう。


 BBBB、いい雰囲気持ってますね。
ブラスの音はやはり毛穴に押し入ってきます。ニューオリンズとチンドン?日本人ならぐっと来ます。スライのフレーズやら織り交ぜてほんとFUNKY。

 三宅伸治さん、楽しそうでしたね。リスペクトするミュージシャンへの想いがギターだけでなくステージングからも伝わります。そうそう、チャボのフリータイム!演ってくれたのも嬉しい限り。

 風味堂、「愛してる」流行ったので流れてるのを聴いたことはありましたが、ちゃんとははじめて。詩が良いです。ラブソングはたいして聞かない僕ですが、綺麗な詩でその世界を音がキチンと盛りたてていて。
どうしょうも無い失恋しかしたことない僕ですがなんだか綺麗な終わり方をした気になりました(笑)

 下地さんと隆太君、いやすごいね。入ってきます。何処に?それは生で見て聴いた人にしかわからないでしょう。下地さんを聴いたのははじめて。ウチの治療院も沖縄の言葉がたまに飛び交うので意味はわからずとも何か伝わります。外国行っても日本語で相手にしゃべったほうが伝わる時ってあるじゃないですか。エモーションってそういうものですよね。

 BEGIN、うた・演奏・そのスタンスと取組む姿勢が良いですね~。僕は特別沖縄音楽が好きなわけではないですが、入ってきます。「うたの日を渋谷のお祭りに」「道端でおじいちゃん、おばあちゃんが楽しめる祭りにしたい」ってそういう大切なことをさらりと言って、しかも本気ですから。

楽しいひと時をありがとうございました。普段は気付いていない自分の中身を引っ掻き回していただき、配列しなおしてもらった感じです。
またB.Y.Gにお邪魔しますよ。

明日は頂いた なんくるないさ~精神?で再び皆さんにやすらぎと健康を取り戻していただけるよう頑張ります。
[PR]
by fuji69fes | 2008-06-04 23:58 | 音楽

雨降って ぢ 固まる

昨日は晴れたけど今日はもう降り始めました。
東京アメッシュ見ると西の方はブルーです。

え~、白状します。
痔になりました。初めてではありません。
数年前の冬、寒いガレージでバイクの整備をしゃがんでやってたとき発症し、体調が優れないと繰り返し再発してます。3年ぶりかな?今回は。
直腸の内側の一部がうっ血し、それが外に出ようとします(恥)

数年前の時は初めてだったし、自分もどう治療すればよいかわからなかったので四ツ谷の夏目漱石が通ったという病院に行き、そこに痔の大好きな先生がいるとのことで、診てもらいました。とても恥ずかしかったのですが勉強になりました。痔だけならまだしもポリープとかだと大変な場合がありますからね。病院で検査してもらうのは大切だと思います。
(コネタ:肩凝りって字をあてたのは夏目漱石の坊ちゃんだそうです。)


体の冷え、ストレス、コーヒーの飲みすぎ、早食い(よく噛まない)などなど思いつくことは山の数ほどある僕ですが、これまでは深谷灸法で治療すれば翌日はほとんど気にならない。翌々日は問題無しまで回復してたんですけどね。
おまけに昨年からセルフ施灸や鍼を施して免疫系に働きかけていたから体重も増え、力もついてきていたのですがここへ来て、引越し、開業、他の治療院の手伝いと少し自分のキャパを超えた動きをしていたようです。

思い返せば木曜の夜、妻が出してくれたアイスクリーム、冷えるかな~?と不安がよぎったけれど美味しそうだったから食べちゃったのが引き金かもしれない。

このところなんとなく梅雨っぽくなってきて、寒暖の差が大きな天候だったから寝違えの患者さんなども増えていて、気をつけようとは思っていたんですけどね。
ハーゲンダッツの食べたこと無い種類だったものだから、つい。

金曜夜はまだ大丈夫だろうとお風呂で暖まって自分でよーくマッサージしました。
土曜日は仕事場でどうもまだまだだな~と昼休みに新卒の若い先生にお願いして、督脈上の圧痛点を探させてお灸をしてもらう。そう、背骨のライン上にお灸をすると治るんです=深谷灸法。
でも今回はちょっと重いみたいで、少々楽になったけど17時くらいから仕事が終わるまでが辛かった。帰りの電車は席に座るのを躊躇いましたよ。

そこで、昨夜自ら鍼を打ちました。患部に?そうでは無いです。
お腹のツボ4個所、足のツボ左右で2個所、頭のてっぺんにも。
腕にも打たなければならないのですが片手で打てないので妻に手伝ってもらいなんとか。
そして、そのまま横になること10数分、お腹がグルグル動きました。
なんだか、変化を期待できます。
いつもなら鍼治療を受けてからだが緩んでいくのですが、今回はお腹の中、腸とか?がなんだかギュウっと上のほうへ固まる感じに動きます(イメージ)。

あれ、だいぶ内臓が下垂してたのかな?
お尻の患部にキュッと力を入れてみると痛みがかなり消えてます。

足の冷えも取れてきたところで鍼を抜き、お風呂にはいって触れてみます。
小豆くらいあったアレが無くなって少し菊紋の一部が腫れてるかな?ってくらいになってました。
養生してもう一~二回治療すれば良くなりそうです。

あ~良かった。

ちなみに取穴は「脾虚証」 で 「難経 六十九難」に則り決めてます。僕のハンドルネームはここから取りました(ホント?)。

学生さん、新米さん、お試しあれ。(証は自分で決めましょう)

次回、またこんなになったら野口整体にあった「恥骨押し」を試してみよう。

ということで、痔ろうは多分無理ですが、きれ痔、脱肛はお灸でなおる人が多いです。
お尻見せなくて良いですからちょっと安心してください。
[PR]
by fuji69fes | 2008-06-02 16:51 | 治療室より

不正請求

 今朝の朝日新聞一面に大きく出ていた接骨院・整骨院の不正?請求の記事。
 そろそろ?ようやく?
 この業種もコンプライアンスと収益の在り方を考える時期に差し掛かったようです。
 かような報道で低廉な治療費が国民のためとは云えないとの意識が患者さんにも少なからず芽生えることでしょう。

 過日、東京都下の行政便りにも接骨院・整骨院のかかりかたについて注意喚起を促し、不正請求の実態を載せていたようです。

 しかし、しつこい肩こりで困った患者さんが来院した場合、なんらかの手を施してあげたいというのも治療家としての優しさ。肩こりに10分あたり1000円からの治療費を請求するのもアレだなあと感じ、なんとか手は無いかと保険を適用しようと考えて始まったのかもしれないですね。
 でも、確かに不正請求です。認められない症状に異なる診断名で保険請求するのですから。

 僕が過去勤めていた整形外科は診断の結果「肩こりです」と診断してリハビリや投薬を処方し、自分が経営している整骨院へ患者を紹介していた。僕はカルテは見ていないですけど。
 これは、患者さんの為でもあったろうし、点数的に整骨院のほうが実入りが大きかったのかもしれない・・・。電気あてて、シップ渡しておしまいじゃ患者さんも途方にくれる。
 実入りが悪ければ整骨院をわざわざドクターが経営するのもすこし変な話でもありますしね。

 ビジネスとしてのこの業界への参入する人口は確かに多く、僕自身、鍼灸学校に通った時分に、保険が使えるから食べていけると柔道整復師の資格を取る脱サラの人、整体師、鍼灸師、マッサージ師、若い人たちがたくさんいました。
 道を極めたい、業として覚悟を決めたという若い人も多くいたが業界自体が(鍼灸マッサージも含めて)学校の規制緩和と資格流行りで数を増やすゲーム感覚であったと思うし今もその風潮は続いていると思います。

 患者さんの立場からすれば、整骨院で施される手技についてその技術力のレベルは様々ですが、しっかりしたところだと病院に通ってもいっこうによくならなかった症状が改善しているのだから、利用しない手はない。
 だから、患者さんから喜ばれる補完医療を提供できる治療家にはもっと今以上の多くの症状にたいして保険適用を認めるのが本来の権利主張であろうと思います。
 
 柔道整復師ではなく鍼・灸・マッサージ指圧師の治療を受けるには三療券(はり きゅう 指圧 マッサージ券)が多くの役所から発行されているのだって制度上は保険適用は認めていないけれどもその効用を少なからず認めているっていう面があるからでしょう。

 良い治療を選ぼうにもお医者さまが治せず、かといって保険適用できない高い治療費を払うのはイヤ。日本は確かにそんな感じですね。
 まあ、整骨院が安いマッサージが受けられる場所って捉え方はいい加減止めましょう、と言いたいですが。施術する方もそれじゃ患者さんが来たというよりお客さんが来たって感じで治療上手より商売上手になりますよ。

 一部の安いマッサージ屋さん(マッサージ師不在)化した整骨院は除きますが、素晴らしい治療理論を実践し効果を上げている整骨院は少なくないです。僕の知り合いでもたくさんいます。
 そういう頑張っている先生方にはもっと頑張ってもらえるような制度が望ましいです。欲を言えば整体師や鍼灸師・マッサージ指圧師の治療を受けやすい制度があれば良いのですが。
 しかし、理想を受け入れるには財政的器が足りない現状では実現難しいでしょう。
 なにか突破口が見つかれば良いのですが。

 国民皆保険制度自体の行き詰まりなのか?
 高い医療費を払える人だけが良い治療を受けられるのか?

 僕は自費で自分の技量や生きていくコストから逆算して僭越ながら身勝手な治療費を設定させて頂いている身です。その上で物申すとすれば、行政に対しても運営上、経済が大切なのはわかるけれども、「健康にもっと理念を」と考えさせられもした報道でした。
[PR]
by fuji69fes | 2008-06-01 23:04 | 治療室より