風にハーモニカ

誰でも良かった 
とにかくうさばらししたかった
あのときのことが許せなかった

様々な思いでいのちを傷つけてしまう人々が後を絶たない
自らのいのち 自分以外のいのち それは 人に限らず 動物 植物にも至る 


行き場を失った情念はあらぬ方向へ人を突き動かしてしまうことがある
誰だって胸に手を当てれば

そんなにキレイなもんじゃないだろう
この自分だって


そんなふうに思い当たる節もあるだろう

そんな思いは共有できないかもしれないし
するべきものでは無いかもしれない

治療室にはギリギリの思いを押し殺して体が言うことを聞かなくなった患者さんたちが訪れる

あまりに潔癖な人などは そんな思いも無いかもしれないが ちょっとやんちゃだった少年少女期を持つ人などは「その昔やっちまった」話をしてくれる

僕も負けじと軽音楽部の部室が煙草でボヤ騒ぎになったことや 時効とはいえココでは書けない話などをして応戦する(苦笑)とヤッチマッタナ~と突っ込まれたり(苦々笑)

どうしてあんなことしたのか?そのわけをライト感覚で模索する

もう済んでしまったことだし いまさら理由など…

だけど 表現下手でも表現することに努めると思いは相手に伝わる 
それが自らの力であって その力の大きさを知ること 身の丈を知ることで今の自分と世界の相関関係をある程度把握できたりする

それは人と 世間と 自分を比べることにもなるのだけど
競い合うことだけに注力せず そういうもの 
として自らの存在を受け入れる一歩にしてもらえると僕と患者さんのセッションは実りある未来へ向かう


楽器は奏でられなくともJAMっているとお互いの持っているリズムや進行の癖がわかってくる

患者さんとそんな感覚で治療をしていることも

唐突ですが 音を奏でてみたかったらハーモニカが良いでしょう

先日一人の青年に勧めてみました

呼吸が浅く、運動も嫌いだったので、最初歌を勧めたのですが歌うことは恥ずかしいとのことでしたので 
どんなふうに吹けばよいのか簡単に教えて


翌週再び治療に来るまでにかなり上達してました

聞けば 仕事で嫌なことがあれば 教えたフレーズを頭のなかで繰り返し 仕事に行けなくなった朝は 一時間吹いて その後 午後から出社できたと

少し深い呼吸が身についてきたようです

会社勤めが長く続くかはわからない けど なにか続けることが探せると良いな 
と言ってくれました

この国の政治家にハーモニカ
[PR]
by fuji69fes | 2008-08-03 16:51 | 治療室より
<< 883 復調? 暑くて暑くて・・・ >>