雨降って ぢ 固まる

昨日は晴れたけど今日はもう降り始めました。
東京アメッシュ見ると西の方はブルーです。

え~、白状します。
痔になりました。初めてではありません。
数年前の冬、寒いガレージでバイクの整備をしゃがんでやってたとき発症し、体調が優れないと繰り返し再発してます。3年ぶりかな?今回は。
直腸の内側の一部がうっ血し、それが外に出ようとします(恥)

数年前の時は初めてだったし、自分もどう治療すればよいかわからなかったので四ツ谷の夏目漱石が通ったという病院に行き、そこに痔の大好きな先生がいるとのことで、診てもらいました。とても恥ずかしかったのですが勉強になりました。痔だけならまだしもポリープとかだと大変な場合がありますからね。病院で検査してもらうのは大切だと思います。
(コネタ:肩凝りって字をあてたのは夏目漱石の坊ちゃんだそうです。)


体の冷え、ストレス、コーヒーの飲みすぎ、早食い(よく噛まない)などなど思いつくことは山の数ほどある僕ですが、これまでは深谷灸法で治療すれば翌日はほとんど気にならない。翌々日は問題無しまで回復してたんですけどね。
おまけに昨年からセルフ施灸や鍼を施して免疫系に働きかけていたから体重も増え、力もついてきていたのですがここへ来て、引越し、開業、他の治療院の手伝いと少し自分のキャパを超えた動きをしていたようです。

思い返せば木曜の夜、妻が出してくれたアイスクリーム、冷えるかな~?と不安がよぎったけれど美味しそうだったから食べちゃったのが引き金かもしれない。

このところなんとなく梅雨っぽくなってきて、寒暖の差が大きな天候だったから寝違えの患者さんなども増えていて、気をつけようとは思っていたんですけどね。
ハーゲンダッツの食べたこと無い種類だったものだから、つい。

金曜夜はまだ大丈夫だろうとお風呂で暖まって自分でよーくマッサージしました。
土曜日は仕事場でどうもまだまだだな~と昼休みに新卒の若い先生にお願いして、督脈上の圧痛点を探させてお灸をしてもらう。そう、背骨のライン上にお灸をすると治るんです=深谷灸法。
でも今回はちょっと重いみたいで、少々楽になったけど17時くらいから仕事が終わるまでが辛かった。帰りの電車は席に座るのを躊躇いましたよ。

そこで、昨夜自ら鍼を打ちました。患部に?そうでは無いです。
お腹のツボ4個所、足のツボ左右で2個所、頭のてっぺんにも。
腕にも打たなければならないのですが片手で打てないので妻に手伝ってもらいなんとか。
そして、そのまま横になること10数分、お腹がグルグル動きました。
なんだか、変化を期待できます。
いつもなら鍼治療を受けてからだが緩んでいくのですが、今回はお腹の中、腸とか?がなんだかギュウっと上のほうへ固まる感じに動きます(イメージ)。

あれ、だいぶ内臓が下垂してたのかな?
お尻の患部にキュッと力を入れてみると痛みがかなり消えてます。

足の冷えも取れてきたところで鍼を抜き、お風呂にはいって触れてみます。
小豆くらいあったアレが無くなって少し菊紋の一部が腫れてるかな?ってくらいになってました。
養生してもう一~二回治療すれば良くなりそうです。

あ~良かった。

ちなみに取穴は「脾虚証」 で 「難経 六十九難」に則り決めてます。僕のハンドルネームはここから取りました(ホント?)。

学生さん、新米さん、お試しあれ。(証は自分で決めましょう)

次回、またこんなになったら野口整体にあった「恥骨押し」を試してみよう。

ということで、痔ろうは多分無理ですが、きれ痔、脱肛はお灸でなおる人が多いです。
お尻見せなくて良いですからちょっと安心してください。
[PR]
by fuji69fes | 2008-06-02 16:51 | 治療室より
<< うたの日 不正請求 >>