踊る歯科心身症ネット

口の中が苦い(口苦)、口が渇(口渇)、舌が痛い、喉になにか詰まったような(梅核気)他

東洋医学で口腔の症状についての症状名は結構ありますが、それらを主訴として治療にこられる方は割合としてはそう多くないです。

むしろ他の症状、頭痛、肩こり、腰痛、腹痛、だるい、などで来られて、こちらで用意したチェック項目を一つ一つ訪ねて行くと「気持ちが落ち着かない」「眠れない」「なにが不満かわからないけど不満感でいっぱい」「不安感」「実は便秘、または下痢してる」「イヤなことばかり忘れられずにいる」などがあったり、上記の口の中の症状があることを確認することがあります。

口苦     肝胆の病(肝胆湿熱) 心腎不交

口渇     脾の病 胃に熱があり食べ過ぎる、 糖尿病

舌が痛い  首肩の酷いコリ(肝とか脾とかタイプは様々)

梅核気   これもいろいろありますが肝の気が乱れています

いろんな症状とのバランスを伺い、脈、腹証などから治療方法(使うツボの選定)を決定するのですが、口腔内の症状を訴えていらした患者さんも居るにはいます。

口の中が苦い(8名)

酸っぱい(4名)

塩味がする、食事に塩を入れられない(2名)

舌がしびれる(3名)

舌が痛い(2名)

睡眠や食事について伺ったところバランスが悪い方が殆どでした。
(実は他の医療機関で検査して脳の病気が見つかった方もいます)



僕自身はできるだけ薬は使いたくない人の手助けをしたいと思っています。

ですが、薬で治そうという方もいるでしょうから紹介しておきます。

踊る歯科心身症ネットも力になるかもしれません。
[PR]
by fuji69fes | 2013-08-02 06:28 | 治療室より
<< 夏休みのお知らせ その肩こり、どうしましょう?巻... >>