この時期、スイカも美味しいですけど桃も美味しいですね。

僕はバイクで千葉にいったらスイカ、山梨に行くと塩山あたりで桃を食べたくなります。

どちらもこの時期の食べ物ですから利尿作用が高い果実です。


桃には水溶性の食物繊維、ペクチンが豊富に含まれていますから 便秘解消にとても役立つ食べ物といえます。

また、ビタミンCも豊富なので肌に良し、カリウムも含まれているため、 高血圧の予防にも役に立つ食べ物です。

大量の汗をかき、カリウム(※1)が汗と共に失われて起こる低カリウム血症が夏ばての原因と言われたりしますのでやはり旬の食べ物を取るということはとても大切なんですね。



桃は 果肉 だけでなく 葉 にも色々な効能があり、干した葉を湯船にいれた 桃湯も有名ですね。
肌荒れ、湿疹などの肌トラブルに良く効くようです。


さらに漢方薬として桃の種(桃仁)は婦人病の薬として重宝されています。
血液の循環をよくする作用があり、冷え症、生理不順や生理痛、更年期障害、便秘、肩こり、頭痛のほか、高血圧や脳梗塞の予防にも効果があります。

赤ちゃんの便秘にも桃の冷製スープなんかが良く効きます。

とはいれ、食べ過ぎると下痢やお腹の張りがでますので注意です。

※1
~カリウムはナトリウムと共に浸透圧に関与しますから、ナトリウム(塩分)取り過ぎで血圧が高くなっている方にはおススメの栄養素です。浮腫みやこむら返りなどにも有効です。バナナにも豊富に含まれてます。電解質のバランスが崩れているとよくないという意味ですからカリウムをむやみに取ればいいという意味では無いです。塩分を取った方が良い方もしますし、腎疾患などあればカリウムの過剰摂取は×です。基本的には過剰分は尿中に排泄されるので過剰となることはありません。~
[PR]
by fuji69fes | 2013-07-27 08:42 | 治療室より
<< 白斑(白なまず)の治療 SR400 まもなく再始動 >>