ジョギング、ウォーキングで夏バテ対策

この夏は猛暑になるとさかんに天気予報で言われていますね。


熱中症対策も大切ですし、冷房や冷たい飲み物、食べ物で冷やしてしまうのも対策が必要です。

マラソン初挑戦の森三中大島さんはまずまずの体重減だそうですがお腹が触ると冷たいらしいです。
汗かくと気化熱で余計に冷える。
冷えると内蔵の調子が低下するのでエイド補給の効率も悪くなるし、内臓への負担も増える。
なので、カイロを貼るらしいです。
夏なのに?
僕も走ると体が冷える方なのでウェアには気を使いますし、走りながらタオルでお腹まわりの汗をぬぐいます。
この汗、代謝がよくて・・・でというより体力なくて・・・の自汗といいます。

じゃ、走ったりしなきゃいいじゃないと言われそうですが、そうですね。僕も去年までは暑い時期はほとんど走りませんでした。体力がつくより失われる方が多い気がしましたので。

でも今年は去年よりゆったりと生活できているので多少の疲れはカバーできそうですからウォーキングを中心に有酸素運動を行っています。

そうそう、お天気キャスターが「今のうちからジョギング、ウォーキングをして暑さ対策をしましょう」と呼びかけていましたよ。


どういうことでしょうか?

ジョギング、ウォーキングなどの有酸素運動をすることで基礎代謝が上がり「暑い」といった外部環境の変化に対応しやすい体になるんです。

暑いのに汗をかけないと熱が体内にこもりだるさ、頭痛、首肩のこわばりなんかが出たりしますし、体温調節ができなくなるので危険な状態にもなりかねません。
熱くなりすぎる前の今頃からでも遅くないので有酸素運動をはじめてみてはいかがでしょうか?


筋肉をよく動かすことで基礎代謝UPすれば、うっとうしい暑さにも平気になる
さらに、ストレス解消になる、→自律神経も整ってダイエット効果も期待できる。

あまりきつくない程度に有酸素運動で行うことが大切です。
[PR]
by fuji69fes | 2013-07-02 13:50 | 治療室より
<< 明日7月7日よりキャンペーン開始 解熱・喉の痛みのツボ >>