TT250R レイド ブレーキの引きずり・・・

往診に活躍のTT250Rレイド、最近加速が鈍いな、コーナリングのときハンドリングがイマイチだな、ギャップでのサスの動きが渋いな、と症状か増えてきていたのでチェック。

加速について エアクリ、スロットル、キャブOK。

ハンドリングについて ステムのガタ、動きOK。

サスの動きについて たぶんOK。

では?

ブレーキの引きずり?
リアキャリパーは片押だから手でピストンを戻して、リアブレーキ使わず走ってみる。
変化なし。

フロントのパッドの隙間こじ開けて走ることに・・・・取り回し時点で既に軽い((^O^)

ということで、フロントキャリパーのOH。

ブレーキを引きずる原因は

パッドが戻らない

ローターが歪んでる

などが考えられるわけで、パッドが戻らないのは大抵ピストンが戻らないため。
つまり、ピストンの汚れやキャリパー内のシールの膨らみ、硬化など。

なのでキャリパー外しまずは中性洗剤で丸洗い。
綺麗にした後はピストンの揉み出し。
d0142660_23152458.jpg


シリコンスプレーやシリコングリスを使って二つのピストンが揃って出るくらいまで・・・40分やったけど揃ってこない。ただ、かなりスムースになった。指先でスゥーっと押し込める。
たぶんシールの交換は要らないレベル。


で、パッドを戻して組み上げて乗ってみる。

最初の数キロの距離では素晴しくスムースになり喜んでいたが、フルブレーキの後また加速が鈍い。
元のひどさはないけど、今さっきのスムースさから2割ダウンな感じ。

で、戻っても一度キャリパーを外してチェック。
アー なめらか ピストンはスムーズ♪

目視では隙間が狭すぎてチェックし難いけどピストンの戻りはOKだけどパッドが戻らないということか・・・つまりスライド部分の問題か、ということでもう一度チェック。

パッドピンもスライド部分はグリスアップしてるし、サビの段差もシャイネックス600番当てて修正してある。
d0142660_23162499.jpg

爪の先を擦り当て引っ掛かりがないか、指の腹でぞってヤセはないか、 丹念にチェック。
この辺の感覚は鍼灸師だから自信がある。
問題があるように思えないのだけど

・・・・で気づいた、見落とし。

ブレーキパッドの片側が掛かる個所がある。
d0142660_2249520.jpg

そこにサビが発生して段差ができてました。
でも、ピストン側では無いんだけどな・・・
d0142660_22493446.jpg

これを削り、修正してみたけど当たっている部分に痩せがある・・・今回はそのまま装着してみたのだけど結果は・・・・・?


問題なし!フロントブレーキの引きずりが解消されたことにより、とてもスムースな加速、ハンドリング、サスの動きが戻ってきました(それなり・・・ですが)!30ps出てるかな?




これで往診だけでなく林道も行けるだろうと、フルードを交換することに。

しかし、・・・マスターシリンダーの蓋のネジを舐めてしまったのでお店に持っていくことにしました。
インパクト持ってないし。

ヤマハ車は昔も舐めたんですよね。あのプラスネジ苦手です。

ラスペネ噴いてもゆるまなかったネジはステンレス製に変えてもらい、これで長距離ツーリングもOK。
と思いきや、台風の影響で天気予報は芳しくない。

台風前の爆釣に備えて準備でもしますか。

毎日毎日、準備準備の日々です。
[PR]
by fuji69fes | 2013-06-10 23:59 | スポ&SR400(bike)
<< 台風前は活性が上がる 新しい治療ベッド >>