この春も肝の気・・・

今週末はもう3月
10日もすれば啓蟄ですね。

この春っぽさにからだの中も春めいてきますが、子供のころのようにワクワクする
ことばかりとも行きません。

毎年書いてますが、春は肝の気が動き回る時期です。

東洋医学では昔より季節ごとの症状と体質別の診断法・治療法が確立されてますが、
特に春は昔と比較すると環境がかなり変わった現代でも古書に書いている通りだなあ
と思われる症状が多く見られる季節です。

調子を崩す方の場合、からだの中はまだ冬。

エンジンは冷えているのに、春の陽射しを受けて、まだ温まりきってないため元気も
無いのに妙にやる気が出ちゃったり、無理な計画立てちゃったり、完璧に仕上げてや
るぞと息巻いたり、または具体的なことはなにも思い浮かばないけどやる気だけ出て
きてむやみやたらに出かけちゃったりして…

そして、からまわり、疲れてしまう。


♪~そんなわけじゃないけど、からだの方が~ わけもなくいってしまう~♪


先週あたりからそんな患者さん達がお越しになってますね。

たいていは皆さん細やかで、よく気がつく方です。
だからストレスフルになりがちでもあるのですが。

あと、どーんと落ち込む方もチラホラ。

ちょっと体力の無い人は休み休み、欲張らずに行きましょう。
まだエンジン温まって無いですから。

自律神経を整えつつ、木の芽どきに無理するとあとが大変ですよ。

春の時期の気になる症状、ご相談ください。
[PR]
by fuji69fes | 2013-02-25 06:08 | 治療室より
<< コンチネンタルを履く 高尾山へ行ってきました。 >>