お腹の治療

われわれはふつう考えるときは、分けて考えたほうがわかりやすいでしょう。
「この問題はこう分けて考えましょう」というけれど、本当は分けられないん
じゃないかと思うんですよ。

人生でもなんでも。

河合隼雄さんのコトバです。

これって、からだの治療についても同じようなことが言えそうです。


腰が痛い

首から肩が辛い

膝が痛む

頭痛が…

鍼灸や整体治療にお越しになる患者さまの症状はほんとに多岐にわたります。

お医者さんに行っても良くならなかった長年の辛い思いが取れるなら

「鍼でもなんでも刺して貰おうじゃないか」

なんて一大決心でもしたかのような意気込みで電話をかけてくる方もたまに
いらっしゃいます。

そんな、意気込んだ方でも実際に鍼治療を受けると

「ほんとうに刺しているんですか?」

と聞いてくるくらい

「ちょこっと刺激してみるだけ」の治療です。

ケースバイケースですのでちょっと深めに刺して「ゴニョゴニョ」って刺激
することなんかもありますが。



ただ、ほとんどのケースで「お腹」へのアプローチをします。

鍼だったり、お灸だったり、またはお腹の中の胃や腸、大腰筋という筋肉へ
「手で刺激」を与えたり。

もともと、積聚治療や井本整体も学んでいたのでお腹へのアプローチは得意
ですし、今メインで取り組んでいる経絡治療でも脈やお顔、肌と同時にお腹
というのは非常に重要な診断場所であり、治療場所でもあるのです。

ですが、それはこちらの都合で患者さんには戸惑う方も多くいます。


なので、

「お腹は悪くない(と思っている)のになぜお腹を治療するのですか?」

と良く聞かれます。

「体調が良くない人はたいていお腹も良くないですよ」

「お腹が今より調子良くなれば体の中にもっとエネルギーが蓄えられますか
ら回復が早くなりますよ」

なんて答えて治療をさせていただいてますが、治療中にお腹が

「ギュル~っ」

と鳴くとたいていの方は気持ちよく力が抜けてきますし、


「なんだか胸のつかえがとれたようなスッキリした感じ」

と言ってもらえたりします。

能書きはいくらでも伝えることはできるんですけど、体でわかってもらえるの
がイチバンですね。

僕自身、腰が重い時などお腹のツボ

中脘 天枢 気海や関元 といったお腹のツボに鍼を当ててお腹が「ギュル~っ」
となると腰もすっきり、足も頭も軽くなったりするので重宝してます。

お腹はとても大切な場所。

「治療の基本」で、まさに「ヘソ」なのです。

痛い場所だけ治療していても良くなる気配の無い方はお腹も含めた全身治療が
おススメです。

もっとも、経絡治療(鍼灸)においては新しいことでもなんでもなくて全身治
療こそが古くからのスタンダードでスペシャルな治療法なんですけどね。
考えてみれば当然なのですが、からだっていうのは部品を集めた集合体ではなく
て一つの細胞から各器官が分化されたもの。
もとは「ひとつ」なんですね。




  木を見て森を見ず

       病を見て腹を見ず


あなたの全体のバランス、お腹も整えて健康を取り戻しませんか?

GWの治療のご予約受付中です。
[PR]
by fuji69fes | 2012-04-23 13:04 | 治療室より
<< GWの鯉釣り 紹介似顔絵 >>