angermanagement アンガーマネジメント

日頃出来るだけ平易な言葉で患者さんに説明しようと専門書ではなくて一般向けに
体の内側のこと、脳やこころの揺れ動きのことなどについて書かれた本やネット上
での文を読む機会を作っている。

で、昨年は自分のためにも...
と怒りのコントロールについて書かれた本を数冊買った。

これを治療室に置いておくと患者さんが次から次へと

「この本借りていいですか?」

と言ってくるので、「どうぞどうぞ~」と貸しています。

そのため今現在、一冊も手元に無い状態。


余裕の無い日々なんですね、きっと。

あなたも、そして、この僕も。

怒りをコントロールする時代。

で、このての本に書いてあるのは

「悟りを開け」

とか、

「自分を変えろ、変身しよう」

とかのことでは無くて「テクニック」。


イラッとした気分で身の破滅へ向かうことを抑え、

自分の中に引き取るために自分の思い込みの認識を改めたり、

相手への理解力を深めたりしてより良いリレーションシップを再構築してみよう。

そんな内容が多い。建設的で健全な雰囲気はありますね。


で、僕自身役に立ったかといえば、「まあまあ」役に立った。(かな?)


やりたいことがあるならそれに近づくための技術習得は怠るべきではない。

テクニックっていうと「本音は違うくせに~」と突っ込みたくなることもあるが、
本音を殺さずに目的に近づくための「テクニック」は悪い響きでは無い。

狙った魚を釣りあげるためのツール&ギア、それらを使いこなす技術とかって無く
てはならないものだから。

ま、知識として一読していれば役立つ場面もそこそこありそう。
その夜眠れると眠れないではえらく体のダメージも違いますしね。


順番待ちですが、お貸ししますので声かけてくださいね。

それにしても、釣りに行きたい。

だれか、 angler management techniqueをご教示くださいませんか?
[PR]
by fuji69fes | 2012-03-13 00:58 | 治療室より
<< 雨の日キャンペーン ボスしけてるぜ >>