舌の痛み・しびれ

鍼灸治療を訪れる患者さんのなかには「舌がしびれる」と訴える方
いらっしゃいます。

たいていは鍼灸治療を受ける前に病院で検査・診断を受けていらっ
しゃるので重篤な病気(舌がん等)ではないのですが、ご本人にとっ
ては不快でたまらない症状です。


外見上は特に変化がない(本人は変化がわからない)のに舌がしびれる場合

舌痛症という病名がよく使われます。
中高年の女性の場合などに多く、舌のしびれと痛みが伴うものもあります。


薬品による中毒や糖尿病などで起こると言われている舌のしびれの場合


神経筋疾患で舌に皺がよって舌が小さくなることがあります。


舌のしびれの原因はこの他にも

虫歯、歯肉炎、口内炎などがあります。



入れ歯などが舌に干渉して舌を刺激しているため痛む場合や、虫歯の治療
でかぶせた銀歯による金属アレルギーで舌がしびれたりする場合もあります。



40~50代の更年期を迎えた女性に多いため、舌痛症は更年期障害のひとつで
はないかという見方もあります。







そのほかには、ストレスなどの精神的な要因が原因の場合もあるようです。
(鍼灸治療にこられる方はストレス・自律神経失調がかなり多いです)
なんとなく舌に違和感があるなーということから舌を気にすることになり、そ
れから舌がしびれたり、痛むようになるのではないかというのです。


治療法としては、入れ歯などによる物理的なものが舌痛症の原因であれば、根
本治療として入れ歯を口に合ったものに変えましょう。それで治療できます。


金属アレルギーが舌のしびれの原因の場合は、銀歯を他の素材で詰めてもらえ
ば治療できるでしょう。歯医者さんに相談です。


ストレスなどの心的要因の場合は、心理療法になります。

舌痛症に対する心理的な不安を取り除いてあげるという治療を行います。
そこまでしなくてもリラックスしているとき、楽しいときに気にならないという
のであれば、日常生活でうまく気分転換できれば大丈夫かもしれません。


鍼灸治療では漢方と同じく舌診といって体調を判断するのに患者さんの舌を診ます。

白っぽく腫れていて周囲に歯型がついてギザギザになっていると水はけが悪く、冷え
があり、疲れが抜けてないなあとか。
この場合、冷えが強まっていると痛みになる人が多いようです。
たいていは脾虚証なので鍼灸治療で症状は良くなります。
肩こりや顔面の筋のこわばり、下半身の冷えもあるでしょうから一緒に治療を進める
ことになります。

舌乳頭が萎縮し赤く表面に艶がある(鏡面舌)。
口角炎も併発しているような場合は鉄欠乏だろうか?と爪や瞼の裏も一緒にチェック
します。
治療とともにたんぱく質と鉄分をしっかり補給してもらうよう食事に気を配ってもらう
よう指導します。


赤い舌で表面に溝が出来ているような舌は胃が熱を持っています。
お酒の飲み過ぎの方とか多いです。
治療で全身を整えて、このタイプに散見される目や首頭痛などの症状を取ります。
生活指導はもちろん「お酒を控えてください」です。


舌の痛みやしびれだけでなく、肩こりや胃腸の調子、足の冷えなど体のいろんな部位
の変調を丁寧に診て、ひとつひとつ調整していくとよくなる症状がほとんどですから
病院で診てもらったけどどうもいまいちよくならないとお悩みの方は鍼灸院にご相談
されてみてはどうでしょう?

口腔内マッサージ、舌(筋肉ですからね)のエクササイズも指導させていただいてます。
[PR]
by fuji69fes | 2011-11-24 12:02 | 治療室より
<< 石橋凌 再び 骨折その後・・・ >>