秋めいて…

過ごしやすいとばかり喜んでいられないのがこの時期の涼しさ。
気圧の谷もあってか、一昨年夜あたりから眠れない、座骨神経痛が酷い、首肩がガチガチという方々が増えたようです。

また、今朝寒くて風邪かな?と思った人も少なくないはず。

咳こんだりした人は乾燥し冷えた空気のせい。はたまた、ブタクサやイネのアレルギーかも。

鎖骨下外側の中府、前腕の内側、肘に近い孔最、のツボ刺激やギンナンを炒ってたべるといいです。まだ時期が早いですが、うちは去年のギンナンをフリーザーに入れてます。


また、汗が出るなあという人。

今年の気候だと夏バテの汗もありますが、涼しいのにやたら汗かくのは代謝が良いと喜んでばかりもいられません。

僕もそうですが、体内に必要な水分を留めておく「気」が少なくて、出過ぎてしまうタイプの人がいます。夏クーラーなどで体を冷やし過ぎた人や呼吸器系が弱い人に多いです。

むやみに出る汗を肘の内側の尺沢というツボ刺激で抑えたり、活動前、活動中もマメに水分補給して体内の水分を保ちましょう。


季節の変化と体内のバランスが崩れてしまう不快な症状は鍼灸治療がよく効きます。
[PR]
by fuji69fes | 2011-09-27 20:52 | 治療室より
<< 月間100km 彼岸過ぎて・・・ >>