顎(アゴ)の痛み、首のコリ、頭のツボに反応が。

顎(アゴ)が痛い、これ顎関節症と言われたりします。

当治療室の感触では、そう診断されたかたの8割以上に首のコリが見つかります。

頚椎の2番あたりのこわばりとか、硬結といってコリ玉を触れることも。


で、このこわばり、コリ玉に的を絞って治療(鍼だったり、整体だったり)すると
顎の痛み、固さが取れます。

逆に

首のコリが酷い人の顎まわりの筋肉(翼突筋とか咬筋など)にアプローチすると
しつこい首のコリが取れることも多くあります。



こういった関連を無視して整形外科や口腔外科で治療を続けてきてどうにもならず
に訪れてくる患者さんたちに喜んでいただけるのでこの手の治療で良くなった方に
はセルフケアの方法も合わせて指導しています。

それでも良くならない人にはストレス過多の傾向がみられるので、その場合は頭の
ツボを丁寧に触診し、ココ!と思える反応のあるツボにお灸をしていきます。
首だけでなく、体全体が緩んで喜ばれています。


気になる症状がある方はどうぞ、お問い合わせください。
[PR]
by fuji69fes | 2011-05-03 20:31 | 治療室より
<< GWの診療 Fuji  ダブルハンドル >>