Fuji  ダブルハンドル

小学生のころの憧れ、ダブルハンドルのスピードスティックで雷魚を釣る!

近くの池にはバスやギルはいたけど雷魚はいなかったし、リリパッドもなか
った。

釣り具店に行ってもダブルハンドルのロッドは置いていなかったし、友達の
持ってた「ライギョゲームの楽しみ方(長島常雄氏 著)」を見てダブルハン
ドルのロッドになぜが魅かれた。

「もっと遠く!もっと広く!展」に足を運び、オタワのマスキーを見たとき
も「ダブルハンドルがあれば釣りあげられるんじゃないか?」と思った小学
生。

たぶん、ダブルハンドルは小学生の僕にとって未知のパワーと対峙するため
の武器のようなイメージだったのだろう。

V12気筒LP500Sとか、HONDAのナナハンとか、そんなパワフルなイメージ。

だから、憧れはしたけど手に入れる気は無かった。

バンタム100の気品に魅了され小遣い貯めて買ったし、好きな車はロータス
ヨーロッパやいすゞクーペだった。
バイクは実は良く知らなかったし、興味もなかった。


そんな、武器 Fujiのダブルハンドルを作ることにした。

というのも、ダブルハンドルが作れるパーツが手に入ったから。
d0142660_2164832.jpg

デッドストックで見つけたFujiのダブルハンドル、ただしスピニング用。

これを分解する。
エポキシ接着だろうから、エポキシのなんたるかを知っていれば分解は簡単。
20年ほど前はLOFTのマテリアル&ツール売り場にいたので結構この手の基
礎知識は持ち合わせている。
d0142660_217869.jpg

で、分解したらパイプがちょっと長いのでダイヤモンドカッターでカット。

グリップラバーを外したハンドルブランクに付けると出来上がり!
d0142660_2172975.jpg

ナマズ釣るのにここまでしなくても良いのだけど、釣りってやっぱり気分だから。



[PR]
by fuji69fes | 2011-05-02 21:09 | ロッド
<< 顎(アゴ)の痛み、首のコリ、... 店開くのは楽しい時間 >>