瘀血

瘀血というのは…血が停滞して循環が悪くなっている状態のことを言います。

血は気を全身に運ぶ働きがあり、つまり血液(血を含む)によって酸素・栄養が運ばれる
ことと同等に考えてもらっても差し支えありません。

その血が停滞していると全身に栄養・酸素が行き届かず心臓から遠いところの末端、つま
り手足が冷えてしまったりします。(冷え症)
また、停滞するので汚れた(使われて酸素と二酸化炭素を交換した、また疲労物質を拾っ
た)血液が肺に戻ってきれいに浄化されることの効率が悪くて筋肉(内臓も筋肉ですね)
や皮膚(内臓の内側も内皮といって皮膚ですね)の状態を悪くします。

つまり瘀血ってコリや痛みだけでなくて冷えや皮膚、内臓といった範囲にも、不眠やうつ
といったメンタル的な症状にも影響があったりします。

シミ・シワ・くすみなんていうのは血液がスムースに流れているとあまり出来ないのです。
(栄養状態が悪い時は除きますけど)

瘀血を調べるひとつの目安に舌の裏の静脈の色を診るっているのがあります。

青黒くて思わず「うわっ」って声を出しちゃいそうな汚い色だとちょっと注意が必要です。

よく、「何を食べたら良いですか?」とか聞かれますが、聞いてきた方々は大抵が神経使
いすぎの人たちだったので、普段から食事にも注意していて、特に問題ない方が大半かと
思います。

しかし、半分以上は、運動不足というか発散不足のようなのでしっかり体を動かすことと、
ゆったり休むこと。
そして、仕事(家事とか気を遣いすぎることとか)を八分目くらいに…どうせ十分にやっ
てしまうので十二分にならなければ良いかな、って。

血を使いすぎるのは必要以上に早く老いますよ。

そろそろGWですね、ゆったり楽しんでお過ごしください。


[PR]
by fuji69fes | 2011-04-25 00:49 | 治療室より
<< 店開くのは楽しい時間 Fuji コネット >>