顎関節症

過去、喉や口の病気について書きましたが、相談の多いのが顎関節症です。
症状の名前は知らなくても「顎が痛いんです」「ほっぺがこわばるんです」という相談は
多いです。痛みの原因は顔面神経痛の場合もありますし、ヘルペスの場合もあります。
偏頭痛の続きでほっぺや顎といった顔面の片側に痛み、違和感を訴える方もいます。

お話を伺うと明らかにストレスと関係しているケースもあります。


どれか解らなくてもこちらで診ますからお越しいただいて相談いただければ良いのですが、
顎関節症という題ではじめてしまったので顎関節症について。

顎の関節がガクっと鳴る、大きく口を開けると痛い、
そんな症状のことです。
噛み合わせが悪い、歯ぎしりをする人にもよく見受けられますので歯科系の大学病院など
で診てもらった患者さんもいます。

顎関節症外来のドクターは頚椎の1番2番の歪みととらえてカイロ的なアプローチを行っ
ている方がいらっしゃいますが、ツボとして天柱・風池というツボが古来より頚部への治
療穴として用いられているので良く理解できます。
噛みあわせだけではどうにもならずに辿りついたのでしょうか。
首肩のコリがほぐれるとアゴの痛みが楽になったり、口が開くようになる方は多いです。

もちろん、全身を調整してあげたほうが自律神経へのアプローチとしては有効なはずです
が、時間との戦いの医療の現場ではなかなかそれも許されないのでしょう。

整体・鍼灸・マッサージなどで良くなる方が多くいらっしゃいますからお困りの方は選択
肢の一つとして考えてみてはいかがでしょう?
[PR]
by fuji69fes | 2011-11-28 11:59 | 治療室より
<< 九州繋がりで・・・いや、世界繋... 石橋凌 再び >>