肩こり、腰痛、深い呼吸、そして軽い足運び

那覇マラソンまで一週間ほど。
あせってます…

昼休みが長ければ10kmほど、時間がなければ3kmちょっと。
ちょくちょく走っているものの、午前中偏った姿勢で患者さんの治療をしている
と結構カラダに癖がつきます。

最近走っていて、腰が重かったり、足運びが左右バラついたり、そんな不安定さ
が気になったりします。
そこで、セルフ治療です。

ひり休みのランニングコース沿いには休憩所として藤棚があります。
走りはじめてカラダの動きがイマイチと感じたら、藤棚にぶら下がってじわっと
肩甲骨まわり、体側が伸びるのを感じながら深呼吸、そして、フンっ、フンっと
強めの鼻呼吸。
ただぶら下がっただけでは伸び切らなかった部分が引っ張られるのを感じたらOK。
その間長くても30秒程度。
それで、再び走り始めると、肩甲骨まわりの動きは良くなるし、姿勢も良くなり、
目線が決まるし、呼吸もラク。そして、腰のキレが良くなり、足運びがラクになり
ます。

ランニングだけでなく、手がはばったくて家事が大変、仕事中腰が辛い、肩こり、
頭痛、眠りが浅いといった方にもおすすめ。
そう、昔流行ったぶら下がり健康機を思い出していただければ…

POINT:体が力まず、伸ばしたいところが無理なく伸びるためには高い棒にぶら下
がったりせず、低い鉄棒などをみつけて、両足は地に付いたまま膝を曲げていただ
くと安全、安心、良く効きます。
[PR]
by fuji69fes | 2010-11-28 05:26 | 治療室より
<< ボーダー 意外と知られていない痔の治療 >>