意外と知られていない痔の治療

鍼灸治療で痔の治療を、という方はまだまだ少ない。
鍼灸師でも敬遠する場合も。

それは、お尻の周辺のツボを使おうとするからかもしれない。
有名なのは会陰、長強といった局所周辺のツボだから患者さんも鍼灸師も躊躇する
のは仕方ない。
でも、他にもよく効くツボはあるんです。

例えば、前腕の陰面(内側)、肺経にある孔最。
足の陰面、三つの陰経が交わる脾経の三陰交。
足首近くの金門。
それと、痔の痛みを和らげることでわりと有名な頭のてっぺんにある百会。

それぞれに、反応が出ているのでそこにお灸を使って温めてやる。

僕の一番のお勧めは背骨の棘突起間にある督脈上の反応点、身柱、陶道、神道、
至陽、筋縮など順番に圧すと明らかに他と異なる「うーん、痛い」という場所
が見つかる時がある。
d0142660_2137841.jpg

そこにお灸を施す。
当治療室では患者さんの肌に合わせてできるだけダメージの少ない方法を選択し
ています。
温灸でも棒灸でもOK。

じんわりと熱が透っていくのを感じながら、イボ痔がすう~っと引っこんでいくの
を感じ取る患者さんも少なくない。

ストレス性、産後、座り仕事で冷えやすい、などなどの痔にはとくに良く効く。

痔ろうなど細菌化膿したのはなかなか難しいけど、ストレスや冷えが入ると繰り返
してしまうという方には喜ばれるし、なにせ背骨の上ですから恥ずかしさも少ない。

深谷灸法というお灸治療では有名な治療法なのですが、ストレスケアにも良く、お
腹の調子も整う、呼吸も深くなるといった素晴らしい治療法だ。



~当治療室では全体の調子は経絡治療の観点から証をたて、難軽六十九難に従い、
調整を施しますが、恥ずかしい個所のツボへの治療は可能な限り避けて治療させて
いただいてますので、まずはご相談ください。~
[PR]
by fuji69fes | 2010-11-26 21:30 | 治療室より
<< 肩こり、腰痛、深い呼吸、そして... NO レジ袋 >>