計れないことで、図られたかも

鍼灸師を名乗れるのは現代日本においては国家資格保持者です。

あんま、マッサージ、指圧師や柔道整復師の先生方も国家資格保持者。


整体やタイ古式マッサージ、リフレクソロジー、そういう肩書き、看板を掲げて治療(類似)行為をされている方々の中にも実は先述の資格保持者もいます。
保持していてもそれに固持しない、というのかな。

国家資格保持者ということは鍼、灸を用いて治療行為を生業として良いとの身分を得ていると解釈してます。

あまり言及したくはないですが、この国家資格という肩書きに護られているというより制限を受けていると感じることも…

実際に見聞きして、国家資格保持者の治療より患者さんの支持を得ている治療方法というのが民間には沢山あるのです。

治療方法というより、治療家の方々。


皆さん実に良く勉強されていて僕の鍼灸以外の治療方法の情報源はそういった支持を得ている実践者の方々です。資格の有無は関係ない。
むしろ、資格にアグラをかいた資格保持者が多くいると感じるほど彼らは新しく勉強したり、ブラッシュアップしたり、そういった機会に貪欲だと感じます。

法律上、あれしてはいけない、それはダメとの制限は多くの場合資格保持者に課せられます。







さて、ホメオパシーを否定する報道があり、一部でいろいろ取り沙汰されています。


僕の周りにホメオパシー支持者はそれなりにいます。それは治療家ではなくて患者さんだったり、知人だったり。
その人たちは、効果を実感したり、期待をもてたりと自ら試した体験があり、自らの体調の変化を感じ取り、そこに希望を見いだしたから、継続的に、または、必要に応じてレメディを服用しているようです。


僕はホメオパシーについては門外漢ながら、そうした人伝に入ってくる情報には否定的ではない方です。

むしろ、人間のからだの多様な感受性に新鮮な驚きを感じて嬉しくなってしまう。

体が良くなっていく、今よりラクになっていく、可能性があるってことは素晴らしいと思います。


もちろん、健康に関することですから、悪意のある嘘や危険な思い込みを誘発したりするのは避けないといけませんが、なんでもかんでも、大きな力を持った組織の言いなりになるようなことは困ったなぁと思うのです。
数週間前の報道では脱毛症治療について、権威ある団体が脱毛症における鍼灸治療を「根拠がなく、受けるべきでない治療」とし、催眠療法を「受けても良いが科学的に効果が実証されていな治療」としたガイドラインを発表してました。


催眠療法?怪しいと思う人も多いかもしれませんが、先述の通り僕は可能性があることには否定的になれません。

だから催眠療法を「受けても良いが」としたことに反発は無いです。でもどうして今回のガイドラインにおいて鍼灸は「受けるべきでない」とされてしまったのか。


円形脱毛症(全頭型含む)に鍼灸治療が良く効いたという例は古来からとても多く、治療院での治療以外に自宅でも補完的な自己施術ができるように頭皮用の治療具まで存在しています。

僕自身、家族も含め何にもの脱毛症治療を行って来ました。
今の医療、科学で測れないものは根拠無しとする風潮が強すぎますね。

だから、大きな力を持つ組織の今回の発表、報道には「勉強が足りないんじゃないか?」と思うよりなんだか怖いなぁとの気持ちが沸き起こります。


ま、世の中というのはそういったものですから、いちいち噛みついても仕方ないので、今日も治せる患者さんを治すべく治療に専念するだけです。
[PR]
by fuji69fes | 2010-09-10 08:44 | 治療室より
<< 土の臭い 秋茄子、焼き茄子 >>