読書が続く デフォルトネットワーク~森の生活

ボケ防止対策、TVでやってましたね。

足を使ってジャンケンすると脳が活性化する・・・、

全身の筋肉を使うとボケない・・・、

仕事ややらなきゃならないことだけの目的意識だけに脳を使ってもダメで
瞑想状態(デフォルトネットワーク)を作ることが良い・・・、とか。

健康番組、嫌いじゃないです。仕事柄、皆さんこういった番組見るの好きみたいでよく話題
に上るから時々チェックしないと。

まあ、自然の中で魚釣りしたり、、トレランしたり、バイクに乗って2県~3県またいで土地
変化のあるツーリングしたり、弾けないけどギターの練習したり、音楽聴いてはそのバック
グラウンドに思いを馳せたり、毎日いろんなタイプの患者さんに接してそれぞれのタイプ別
の調子の整え方を考えたり、今現在の僕の生活は結構デフォルトネットワーク状態に近
いかもしれないなんて思いました。





え?無駄なことばかり考えてる?
迷走状態じゃないの?とか言わないでくださいね。

ひたすら目的に向かって難しいこと考えていたら顔つきもあっと言う間に老けちゃうと思い
ます。でもそういう仕事している人にはそれなりの達成感とかあるんでしょうね。
それはそれで羨ましい。

別に老け無いことが人生の目的である必要はないですし、周りが「それいいよね~」という
価値観と一緒であることもさほど必要ではないですし。


ただ、バランス欠き過ぎちゃってポピュラリティを失うと社会生活はチョっと難しくなる傾向
があるみたいです。僕も仙人みたいな生活できるわけではないので世の中の常識とか、
ホンモノと言われるものはできるだけ見知りして、チューニングしてます。
結構自分勝手な性格なので共通認識を意識して保とうと思ったり。

特に共感できる能力っていうのが大切なんだなってこの数年ほど思います。

「喫煙者なんですけど、副流煙や他の人の煙草の臭いってイヤ」とか、
「部屋で大音量でビート音楽流しますが、ヘッドフォンからの音漏れはイヤ」

そんな低いレベルかもしれませんが。

ところで、ソローの「森の生活」って読んだことあります?

訳が新しくなったので買い直しました。で、結構わかった気がしました。気がするだけ?


あと、訳でやめることも多い海外の本ですが、「禅とオートバイ修理技術」って本も難解なようで時折「ふーん」って感じたりで。

この夏は、実用書や専門書だけでなく、小説も少々読んだし、なかなかな読書季でした。
狂ったような暑さでしたから、走ったり、釣りしたり、バイクに乗ったりという気分になかなか
なれませんでしたしね。

そうそう、今朝はようやく秋の気配を感じました。(ただ早起きしただけ?)
この秋は釣りとバイク、なんとか時間作りたいですねえ。

[PR]
by fuji69fes | 2010-09-06 19:19 | 治療室より
<< 間際の混雑、いつでも診療中! 久々に小説でも読んでみて・・・... >>