あしたのために(その1)

先般smile、笑顔の話を書きましたが、患者さんや知人からそれなりの反響を頂きました。


美容に関する話でもあるのでベテランの美容部員の方、凄腕のエステシャンの知人などからの反響は逆に教わることも多く勉強になりました。


表情筋は日頃から良く動かすことで、神経が行き届き表情豊かで魅力的なお顔になります。

接客業、俳優さん、営業職などで魅力的な人ほど業績も比例しているようで患者さんたちを診させて頂いていても実感しています。


患者さんが、つまづいているときは「あれ?」っていうほど精気が失せ、瞳の光具合もイマイチなので頭の中も疲れてるなぁとわかります。


美容部員の方曰わく朝一番で鏡の中の自分を素敵だと思うように努めて仕事へのモチベーションを高めると指導していると。

エステシャンの方曰わく30代での過ごし方が40代の顔を作ると実感してると。


なるほど〜、と聴き入ってました。

健康法もやはり、積み重ねですから。

今日口にした食べ物、飲み物は今日のエナジーとなるだけでなく明日、未来の体に反映されます。


社会人になって頑張りが効かない人の治療をして感じるのは大学生になってから一人暮らしだった人、または実家ながらも規則正しく食事していた高校生までと異なり、外食、会食が増え、生活のリズムが崩れた生活だった人。

それがベースな上に社会にでて不規則不摂生に輪をかけた生活が始まるとどうも元気がなくなってくる人がそれなりの割合で出てきているようです。


今の不調は、過去を振り返ってみると思い当たるふしがあったりしませんか?

食事、運動、休養、年だからとか言うのはナンセンスかもしれません。


今がイマイチならあしたのために、3ヶ月後、半年後、一年後のために今から始めましょう。


飲食、運動、休養、そしてスマイル。


今日のスマイルは10年後のスマイルを作るそうですから。


てワケで今日は仕事終わったら久しぶりにバイクで河原に行きます。


つり竿手にするのは2ヶ月ぶりかな。
[PR]
by fuji69fes | 2010-07-27 07:40 | 治療室より
<< カッコイイ スキヤキ 口の病気 >>