自律神経

自律神経失調症って聞いたことがある方、それなりに多いと思います。

「自律神経失調症です」

と言われなくても


「自律神経の働きがね・・・」
「自律神経が乱れてるね」

とお医者様に言われたりした人はこれまた少なくないでしょう。

体内にめぐっている神経(末梢神経)は運動と感覚を司る体性神経、つまり運動神
経や感覚神経っていわれるもの、そして内臓の動きなどをオートマチックに制御す
る自律神経とに区別されます。

神経ってややこしそうですが、手で触って「熱い!」とか針先に触れて「痛い!」とか、
肩もんでもらって「気持いい」って感じる感覚神経や「痛い!」「熱い!」で思わず手を
ひっこめた、「手を伸ばして物をつかむとかの運動神経はわかりやすいと思います。

では自律神経系って?

簡単にいうとですね、メロン食べて、美味しいって感じるのは感覚、咀嚼するのは運動。

でも唾液が勝手に出てきて口腔内で消化を始めたり、胃の中に食べ物を送り込んで胃
が動き出したりするのが自律神経の働きです。


意思とは関係なくはたらき、循環・呼吸・代謝・消化吸収など生命を保つために欠かせな
い生理機能に関与している神経です。



自律神経はその役目から

生理機能を活発にする「交感神経」

生理機能をしずめる「副交感神経」

にわかれます。


これら「交感神経」と「副交感神経」は相反作用をもち、一方が強まっていると他方が
よわまっているというようバランスを保っています。
そのバランスで外からの刺激(体内での刺激も外からの刺激です。熱いもの喉に通
ったなど)を受けても体内環境は一定に保たれます。これが、恒常性の維持といわれ
ます。

交感神経はからだを活動、緊張、攻撃などに向かわせます。

副交感神経はからだを休ませる方向へ。


例えばぐっすり眠っているときは副交感神経が優位で、心拍数は最も低くなるのです。
それが、自律神経が乱れてぐっすり眠れないというのは副交感神経が優位になりきれ
ずからだを活動させる交感神経が落ち着かないのです。


不安や緊張、イライラなどあると眠れない、眠りが浅いなんていう状態になるわけです。


この自律神経、「こころ」によってゆれうごきやすいのです。
悪いストレスにさらされていると交感神経と副交感神経のバランスがくずれていき、自律
神経失調とされる状態を招くのです。

こうなると、恒常性が維持できず、内分泌(ホルモンなど)免疫系(肌のトラブル)などに
も悪影響がでます。

リラクセーションという言葉がありますが、活動させる、攻撃する、緊張する交感神経の働
きを取り除くための方法を意味します。
自分自身でバランスを取る役目の自律神経がバランスを崩す・・・そうなるとなんらかの手
段を講じてバランスを整えようとする必要があります。

瞑想、アロマ、マッサージ、ヨガやストレッチ、運動、いろいろ手段はあります。
複合的に、生活の中に上手に取り入れてGOODバランスを保てるとからだは健やかです。

 ~最後に宣伝です~

「鍼灸治療」は

バイオフィードバック 「自動的に調節されている自律神経を、
                  
                  なかば意識的にコントロールして、バランスを取り戻すこと」

  に適した治療法です。

  自律神経を整えることで、ホルモンバランス、お肌のトラブル、冷え、不眠、疲労、
  胃腸の調子、ストレスなどに効果を感じて頂いております。

  ご相談受け付けております。d0142660_13313451.jpg
[PR]
by fuji69fes | 2010-07-14 12:30 | 治療室より
<< 末広がり 白浜 >>