低気圧と頭痛

アクセス解析をたまに見ます。
このブログに訪れてくれている人がどんなキーワードからここに辿りついたのか
ちょっとだけわかります。

で、今回見たところ・・・
第一位は 「JITTERBUG 意味」
第二位は 「ポカン釣り」
第三位は 「妻にSR400を」

うーん、釣りとバイク関連です。
それにしても、妻にSR400を というキーワードで検索した人がいるのですね・・・。

でよくよく見てみるとアクセス数が3位まで同数。
で、4位が 「低気圧 頭痛」

なので今回は頭痛のお話を



日常的によく見られる頭痛には次の3つがあげられます。

~緊張型頭痛~

例えばデスクワークなど、長時間同じ姿勢を続けていると後頭部、首、肩に
かけての頭部を支える筋肉に緊張がおこり、血液の流れが悪くなり、疲労物
質がたまることで神経を刺激するため、鈍い痛みがおきます。
「しめつけられるような」としばしば表現されるタイプの頭痛です。

天候(とくに低気圧)や精神的ストレスなどもきっかけとなりえます。
目の疲れ、肩凝りなどを伴います。肩こりに関しては自覚症状が無い人もいる
のですけど。

あと、背後にうつ病がひそんでいるケースもあります。

ストレスを取り除いてあげるとかなり楽になるタイプの頭痛です。

~片頭痛~

とくに若い女性に目立つとよく言われますが、そんなことはなく治療室には年齢
関係なく片頭痛の治療に訪れるかたがいらっしゃいます。
どちらかというと女性に多いです。

頭の血管が収縮したのち反動で大きく拡がるときにまわりの神経が刺激される
と説明されたりします。
ズキズキと痛むタイプの頭痛で片方だけでなく両側性のケースもあります。
前駆症状(前ぶれ)として目の前がチカチカ光ったり、その後目の前が暗くなっ
たりということがある場合も。

ワインやオリーブオイル、チョコレートetc血管を拡げる作用のある物質を含む
食品を摂ったり、疲労・睡眠不足・ストレスが引き金になったりします。


~群発頭痛~

名前のとおり群発地震みたいな頭痛で一定期間中に集中して起きるタイプの頭
痛です。
年に1~2回ほど、1か月とか2か月の間に集中して続く強い痛みです。
この痛みは一大事だと感じて病院を受診するのですが、たしかに他の病気が隠
れているかもしれないので今まで頭痛が無く、急に感じ始めた人は一度は頭痛外
来とかも最近はありますので医療機関を受診してみるのも手です。


経絡治療による鍼灸治療は自律神経のバランスを整え、血流の改善、筋肉の緊
張緩和、プロスタグランジンなどの痛みの物質の除去、などを目的として患者さん
の体にやさしく働きかけます。
これによって頭痛を治療し、また、頭痛になりにくい体に変化させていく治療法です。

[PR]
by fuji69fes | 2010-07-05 08:54 | 治療室より
<< 二子玉川 7月のナマズ Flashback >>