鍼灸治療と保険適用について

保険で鍼灸治療ができるということが浸透してきて、問い合わせが増えてきました。
所属しているNPO全国鍼灸マッサージ協会のHPに細かく書いてますので一読してい
ただくと助かります。

1.神経痛…例えば坐骨神経痛など。
2.リウマチ…急性、慢性で各関節が腫れて痛むもの。
3.腰痛症 …慢性の腰痛、ギックリ腰など。
4.五十肩…肩の関節が痛く腕が挙がらないもの。
5.頚腕症候群…頚から肩、腕にかけてシビレ痛むもの。
6.頚椎捻挫後遺症…頚の外傷、むちうち症など。

この6つのいづれか、にあてはまり医師の同意書が頂ける場合に保険適用となります。
(また関節痛なども可能な場合がありますのでお問い合わせください)

最近、上記には一つも当てはまらないのに「前に通っていた鍼灸院では保険適用に
してくれた」と言われたりしますが、おそらくは接骨院と併設されていた鍼灸院に
行かれたのだろうと善意に解釈しております。
とはいえ、患者さまには複雑でわからないことが多いですからお問い合わせいただ
ければ保険が使える症状について説明させていただいてます。

注意していただきたいのは保険で鍼灸を受けている期間、その病気についてのみ医
院、病院にかかることはできないことになっています。
他の病気の治療は受けられます。


適用できない疾患へ保険適用させるために症状をかなり曲げた解釈で治療をしよう
とする治療院が増えていると聞きます。
そのため当治療室では保険適用の運用に際しては慎重に行わせていただいておりま
す。
ですが、適用が認められる方には非常にありがたい制度ですのでお気軽にご相談く
ださい。
[PR]
by fuji69fes | 2010-04-05 09:09 | 治療室より
<< 俺はお前に弱いんだ As time goes by >>