なにもしてないのに痛い

d0142660_2350376.jpg
写真と文は関係ありません。


昨日はなんだか忙しくてお電話いただいたのに診れない患者さんを数名
作ってしまいました。
いつもは患者さん同士、顔を合わせないようにしているのだけど昨日は
ちょっと上手く回りませんでした。
すこし受付を工夫しないと、と思いなおした次第。
申し訳ないです。

打って変って本日、昼過ぎまでにお二人診たあとは暇で、夕方までプラ
イベートな時間。わずかな時間だけどホッとしました。

夕方から帰宅するも10時頃まで一人ですることもない。
天気が良ければこの時期は釣りなんだけどあいにくの寒さ。
うーん、昨日一日仕事で動かなかったせいか、ちょっと腰が痛むのでス
トレッチ。
そして、勢い余って走ることに。




5kmくらい走ってみよう、そんな気持ちで走り始めたものの5km地点
では息も上がらないしなんだか物足りない。
もうちょっと走れそうだなと、8km地点。
今日はゆっくりとはいえ辛くないなあ、そのまま13km。
それでちょっと膝が気になるけど体温まり気分良くなっちゃって走り続
けていたら2時間ほど走ってしまった。
約20km。

やっぱり、今の体は昨年の走りこみ作られたんだなと実感。
進化してるな、このkarada。
こころもちょっとは進化しただろうか?

走り終わって腰は軽い。

「なにもしてなにのに痛む」

という患者さんのほとんどは

「何もしてないから痛む」

わけで、ホワイトカラーの場合、やはり動くことがとても大切。

動いて痛むならそれはそれで別の障害も考えるけど動いてない人は是非
動かしてください。

それにしてもなんだか不思議な感じの今日。
他人と過去は変えられない…とかつて人に言われ、いまや患者さん達に
そう伝えている日々。

自分自身段階を経てそれを実行・実感している。
走れる体が出来てきたのもそうだけど、なんだか古い傷痕、かさぶたを
はがしてみたらいつのまにかそれがもう治っていることに気がついたよ
うな気がする。

自分が変わること、多分それしか出来ないし、そうしていくことが進む
道だと思う。

進化していくのかな?


それにしても風が強い。
釣りに行ける天気じゃないな。
そろそろ遅い春がやってきてもいいんじゃない?

[PR]
by fuji69fes | 2010-03-29 22:21 | 治療室より
<< マカフィーVSノートン 大腰筋 >>