花粉が引き起こす様々な症状

鍼治療は花粉症に効果ありますか?
そんな声を聞く季節です。

結構試してきて感じるのは、なかなか効きますよ!ってこと。

鼻詰まり、息苦しさは督脈の調整で結構良くなり、結果頭のぼーっとした
感じが取れる人が多いです。
顔面にもちょっと鍼を入れた方が更に良い人が多いですけど、顔に打たれ
るのはちょっと・・・という方も多いのでその辺は適宜調整してます。

そして、全身の調整、特に胃腸の働きをアップさせるように施術すること
が多いです。
春先に胃腸が崩れる方が多いのも東洋医学的には珍しくないのですけど、
花粉症との関連について考えない方もまだまだいらっしゃる。





飲食から力を得るのが人の体。
飲食により体内に入った必要分と不要分を消化吸収排泄で選り分ける力を
つけるようにするわけです。

それにより、不要なものは外に出す力もアップするようですし、粘膜の炎
症(皮膚のかゆみや目の辛さ、鼻血など)も軽減される方がたくさんいら
っしゃいます。

まあ、東洋医学的にはこれらの症状は花粉のせいではないとされているので
その症状に応じた調整を施す結果、花粉症と言われている症状も軽くなるの
だと個人的には思ってますけど。

で、僕自身の花粉症は確かに辛い日もありますけど、この二年ほどはその前
ほどではないですし、督脈の反応点に鍼をしておくことでいい感じ♪

ただ、鍼を取っちゃうとしばらくして症状がぶり返すので短い鍼を用いて
ツボに鍼いれたままサージカルテープで留めてます。

患者さんでもそれで良いという方にはそういったサービスをしてますが、自分
で鍼を抜いてもらうことが出来る人に限られるのでこれは限定的ですね。

まあ、ものは試し、お困りの方はひと声おかけください。
そこの足冷えしてるあなた、モデルケースとして最適ですね!
なんて。
[PR]
by fuji69fes | 2010-03-10 08:24 | 治療室より
<< ゆっくりりao@下北沢 一日が短くなった? >>