美容鍼灸 ~ 顔に鍼

ここ数年盛り上がりを見せている美しくなる為の鍼治療。
美容鍼灸等の呼称で大分馴染んできたようです。
僕の治療室でも時々問い合わせがあります。

病気、痛みがあるわけでもなく鍼治療をするって?

と思う向きもあるかとは思いますが、そもそも未病治療としての鍼治療は太古より
連綿と受け継がれていて健康を保つために鍼治療をするという方に支持されてい
ます。
最近ではまた予防医学の担い手としてクローズアップされてきていますね。
アンチエイジング・・・否、ナチュラルエイジングとしてもうってつけであるわけです。




ずいぶん前の話になりますが顔面神経麻痺になり病院での治療だけだと不安だっ
たので人から鍼治療を勧められて来院された患者さんがいました。

顔面神経麻痺は通常片側だけの麻痺で目尻、瞼、口角など動かず下がってしま
います。
僕は経絡治療をその本としていますからお顔だけでなく脈、お腹などを診させてい
ただきその方は肝虚証として治療を行いましたので
全身を治療しました。
患部だけでなくお腹の調子やら気・血・津のバランスを整えていくのがとても重要な
んですね、鍼灸治療というのは。

肝心のお顔は内出血させても良くないので患側(左側)のみに鍼を打ちました。

その治療を10回も行ったころでしょうか。
患者さんの離れて暮らす妹さんと久しぶりにお会いになったときに言われたそうです。

「悪かったのは左?確か右って聞いてたけど…」

確かに10回程の治療を経過したころには患者さんのお顔は知らない人がみたら顔
面神経麻痺とは解らない程に改善していました。妹さんは久しぶりに会うお姉さんの
顔を見て右側の方が色つや、透明感があったので悪くなかった方の左側の方の印
象がイマイチ良くないと感じ取ったようです。

治療に際して僕はいつも麻痺した側の痛み、動きに注意注力し、それだけでは片手
落ちだと全身の治療をすることでトータルケアをしているつもりだったのですが女性
の目線を欠いていたことに気づかされました。

10回程の治療でお肌に差が出たのです。
それ以降は悪くない方の目尻、眉ジリ、口角、ホウレイ線周囲のツボも丁寧に治療
させていただき本当の意味で左右の差を整える治療に移行しました。

今僕の治療でお顔の小皺、リフトアップ、艶や透明感を治療対象とする場合は胃腸
機能やストレスケア、自律神経バランスなどの全身治療とお顔や頭皮のツボ、そし
てデコルテ周囲のツボを組み合わせて施術しております。
[PR]
by fuji69fes | 2009-10-20 23:52 | 治療室より
<< オリオンへの道 バイク日和 >>